« ギリシャの・・・ | トップページ | 8月のカレンダー »

ミュージカルバトン

とゆーのがChicacoさんから回ってきた・・・のはもう随分前の話。ようやく今日一日だけ一息つけたのでお答えします。でもこれって誰がどういう意図で始めたんだろう・・・

1.Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

自分のPCには入れてません。会社のPCに284曲1.16GB。

2.Song playing right now (今聞いている曲)

夜遅いので聞いていません。自分のPCでは時々ギリシャのラジオ局の音楽を聞いています。

3.The last CD I bought (最後に買ったCD)

サルサ!』らしいです。映画のサントラ盤です。Sierra Maestraの"Mi musica es tu musica"大好き!

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

これはとうてい5曲に絞れるわけもなく。。。好きなアーティストはプロフィールに書いてあるので見てください。ここでは、思い入れというか思い出のある曲を。

"ダッタン人の踊り"(ボロディン作)

こちらのサイトでほぼ忠実な曲を聴けました。でもオルゴール版のほうが好き)

いきなりすごいタイトルの曲ですが(^^;;、これは中学生の頃、市内の中学の合唱部の生徒と吹奏楽部の生徒が合同で市の音楽祭で演った曲です。

すっごく美しいメロディーと歌詞で大好きでした。ソプラノだったので高い「ソ」や「ラ」の音が一箇所あって死にそうでしたが(笑)。

"カノン"(パッヘルベル作)

こちらも中学生の頃から好きな曲。そして短大生の頃、演劇部のテーマ曲となっていたのでした。(皆好きだったの)。 かなり有名な曲なので皆さん一度は耳にしたことがあるはず。

"主よ人の望みの喜びを"(バッハ作)

これも有名な曲なので聴いたことがあるはずです。

10年近く前、アインシュタイン先生(わたしが先生と呼ぶのは彼とブラックジャック先生だけ!)の特集番組で先生が弾いていたのを見てますます好きに。

楽譜を買いに行ったらなんかすごい和音で、わたしには両手だけではとても弾けそうになかったので諦めました。しかしその後、バッハのピアノ曲集にこの曲も収められていてかなり簡単な楽譜だったので今も時々弾いています。

なんだかクラシックばかりが続きますが、普段はSheryl Crowと一緒にギャーと叫んでいたりします(誰もいないときにね)。他、クラシックではショパンが好きです。

"Tears in heaven"(Eric Clapton

これは当時、街で流れているのを聞いてすっごく好きになりました。

でも誰が歌っているのか知らなくて、「白人ロック系」と当たりをつけてレンタル屋さんでそれらしきCDを借りまくって(当時試聴が出来なかったので)、しかし見つけられず、もう忘れかけていた頃に何気なく見たグラミー賞の授賞式で(後にも先にもグラミー賞の授賞式を見たのはこの年限り)クラプトンが歌っていたのでした。

もうあの時は飛び上がるほどびっくりして嬉しかったったら!!すぐにアルバム『unplugged』を買いに行きましたとさ。

"色彩のブルース"(Ego Wrappin

これはおとといのことなのでまだ思い出と呼ぶには早すぎるのですが(笑)。

これも"Tears in heaven"と同じようなシチュエーションです。やはりタイトルもアーティストも分からず、でした。

それがおととい職場の人と話していて、「社長がiPod持ってるってよ」って言ったら、「パナの持ってる。音がすっごくいいんだよ」と聞かせてくれたのがまさにこの曲。イントロで「あ〜!!!!!」って、もう奇跡かと思いました(笑)。

5.Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

う〜ん、あまりブログ友達いないし、もうかなり回っているみたいなのでここで終らせてください。

以上でございます。

|

« ギリシャの・・・ | トップページ | 8月のカレンダー »

コメント

私も回ってきました「Musical Baton」。「どう考えてもチェーンメールとかネズミ講?とかの類じゃん…」と最初は思いましたが、まぁ次に回さなければいいわけで。実際私も、周りにバトンが回り過ぎてたというのもあるし、そんなにブログ友達もいないので、私で終わりにさせて貰いましたが(^-^;)

改めて自分の好きな音楽とかについて考えると、ホント、難しかったですねぇ。「映画」に絞らなかったら、果てしなくありますもん。『韃靼人の踊り』『カノン』『主よ人の望みの喜びを』は私も大好きです♪♪♪

投稿: momen | 2005年7月28日 (木) 09時58分

トラックバックありがとうございます。
期待通り、さらさんのミュージカルバトンはとってもさらさんらしくて、楽しく拝読しました。

私も同じく「だったん人の踊り」(私の中ではひらがな)、「カノン」、「主よ人の望みの喜びを」大好き。特に「カノン」はクラシックの中で一番好きかもしれません。

>momenさん
実は私、momenさんにも回そうと思っていたのですよ・・・そしたら先に回した人がいたので、遠慮したのでした。ある意味ネズミ講だから、ほんとに「早い者勝ち」ですね;

投稿: Chicaco | 2005年7月28日 (木) 22時30分

>momenさん
そう、難しかったし、思いのほか時間もかかっちゃいました。(1時間くらい!)
5曲だけなんて無理です~。
momenさんのも拝見しましたよ。エリック・セラ好きです。マイケル・ナイマンは2枚組の映画音楽のCD持ってますよ!ガタカの音楽がすごーく好きだったので。それでまだ映画は観てないのですが『ひかりのまち』の音楽もよかったです。

投稿: さら | 2005年7月29日 (金) 01時23分

>Chicacoさん
送信した後確認したら、なんかめっちゃ長くて自分でびっくり!こんなの読む人いるんかいなと思いました(^^;;

クラシック3曲「カノン」は別としてタイトルだけじゃ分かる人少ないかなーって思ってましたが、さすがChicacoさん全てご存知なのですね。「カノン」いいですよねー。
時には落ち着いた気持ちで聞けるこういう曲たち、好きです。

投稿: さら | 2005年7月29日 (金) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルバトン:

« ギリシャの・・・ | トップページ | 8月のカレンダー »