« 価値判断 | トップページ | 栗の渋皮煮 »

手描きのポストカード

個展も終盤に差し掛かり、ちょっと手が空いたのでポストカードを作っている。最初、遊びで描いたことがきっかけで、もう1年以上続けている。
和紙を四角に手でちぎり絵の具を塗る。白か焦げ茶で動物のシルエットを描き、ビビッドな色で目鼻口を描く。それを、宛名面を印刷した紙に貼って出来上がり。
ユルイ絵なので気軽に描けて気分転換になる。050921_2317.jpg

|

« 価値判断 | トップページ | 栗の渋皮煮 »

コメント

さらさん、こんにちは。ブルージュのMoetです。さらさんの日常ってすてき...こんなポストカード、わたしも頂いてみたいものです。お母様の栗もおいしそう〜。

投稿: Moet | 2005年9月23日 (金) 16時16分

Moetさん、こんんちは。わたしのほうこそmoetさんの日常に密かな憧れを抱いているのですよ〜。
このポストカード、自己満足な世界かなと思っていたのですが、作っている人(私)の楽しんでいる雰囲気が伝わっていたらとても嬉しいです。
母は手の込んだことを平気でする人なので、真似できないなぁと思うこともしばしば。どれだけ自分があとを引き継げるのでしょうね・・・。

投稿: さら | 2005年9月24日 (土) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手描きのポストカード:

« 価値判断 | トップページ | 栗の渋皮煮 »