« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

男子シングル雑感

フィギアスケートグランプリシリーズのロシア大会を見た。

プルシェンコは今期初めて見る。ジャンプをちょっぴり失敗したけどさすがな演技。

若い頃のふざけた態度があまり良い印象として記憶に残っていないので好みではないのだけど、現時点のフィギアスケート界男子では一番完璧に近い人。

こないだ怪我で心配だったジョニー・ウィアーくんも出ていた。彼は雰囲気を持っているので安定すればよい選手になるだろうと期待している。

雰囲気を持っているといえばサンデュ。去年だったか初めて見た時、「おっ」と思ったのだけどジャンプをことごとく失敗してガッカリした。今期もやはりジャンプの失敗があるけど成績はよいね。実はこの人もあまり好みではないのだけど・・・。姿勢や体の使い方が美しい選手はそれだけで高ポイント。

NHK杯もいよいよ始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイバイ銀河高原

051129 日本の、喉越しや切れ味を重視した冷やして飲むビールが苦手。苦さしか口に残らないから苦いのが苦手なわたしは飲めない。

以前ベルギーに行っていくつかのベルギービールは飲めるようになった。そして近場で売っていて唯一飲める日本産がこの銀河高原ビール。しかし、これさえももう簡単には飲めなくなってしまうらしい。

銀河高原ビールの会社の経営が思わしくなく別会社がブランドを継承し、東京以西では販売しなくなるらしい。

父から聞いたのでどこからソースを引いてきたのか分からないけど、ブランド譲渡というのは本当のようだ。実際うちの近所で売っていたお店の店頭からも今年の初めくらいから消えていたし(母がビールを陳列していたおにいさんに聞いたら「他のビールより高いからか売れない」って言ってたんだって。「ボクは好きですけど」とも言ってたらしい)。

飲めなくなると思うと無性に飲みたくなる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全員集合

051128 最後のカレンダーなのでちょっと登場人物を多くしてみたら、思いのほか描くのに時間がかかってしまった。

ブルーバレンさんのサイトで配布するカレンダー、今度こそ本当に最後です。

今まで使ってくださっていた皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

適職

今夜、某テレビ番組でIQテストがあった。弟家族が来ていて子どもたちがギャァギャァ、紅茶を入れたりケーキを食べたりしながら携帯片手に参加してみた。

結果はIQ129で「右・左型」、向いている職業は研究者、建築家、漫画家、エンジニア、ゲームクリエーター、獣医、料理人なんだってー。緻密さに欠けるので建築家やエンジニアは無理だと思うんだけど。

ところでこの「型」、以前手を組んだり腕を組んだ時の上になる方でインプット、アウトプットが分かるっていうのをやって、今回と全く逆の結果だった。つまり理論で取り入れて感覚で表現すると。どっちが正しいのだろうね。

どっちにしろ、こんな結果で職業を決める人は殆どいないだろうし、また、その職業を選んだからといってHAPPYになれるわけではないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この子の顔

051126 大人しそうでちょっぴり大人っぽくて、なんかこういうお顔の子役の子がいたような・・・って気がします(笑)。

一度、子どもが抱きかかえるくらいの大きな子も作ってみたいのですが、こういうちびっちゃい子、好きなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベティス・・・

今日、やっとクラシコとデルビー・アンダルースを観終えた。

バルサは試合を支配して完封。

ベティスは、前半25分ごろ、セビージャのキャプテンがレッドで退場して数的優位に立つ。

30分以降よい形がつくれるが得点に至らず、逆に後半開始早々FKにホアキンくんが手を延ばしちゃってハンド。しかもペナルティエリア内で(U_U;;でもってPKを決められ先制される。

40分にはセビージャに2人目の退場者が出て数的には圧倒的に優位なのに最後の頼みの綱のアスンソンのFKもGKに弾かれオシマイ・・・。

これでベティスの順位は最後から2番目。降格圏内。

どうにか年明けには生まれ変わっていて欲しいワ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奈良の写真

今日は奈良で撮った写真。

旅行記は『LECHEvLECHE』の「たびくま」をどうぞ。

051124-1 051124-2

051124-3 051124-4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スロバキアvsスペイン

旅行中だったので録画しておいたビデオを今日やっと観た。

観るまで結果を見ないようにしておこうと思っていたのだけど、試合の翌日「スペイン勝ったね~!!!」ってお友達が言ったので、観るモチベーションが下がってしまった。でも、まぁ、スロバキアはスペインを無失点に抑えても4点は取らないと勝ち抜けない訳で、スペインの本大会行きはかなり濃厚だとは思っていたのでいいんだけどね。

今回はビセンテが先発だ!ホアキンは不満の声を漏らしてから使ってもらえていない。

序盤、スペインはボールを保持して相手陣内に留まっているものの印象としてはディフェンシブ。スロバキアもなかなかよい攻撃が出来ない。

18分、ラウルが決定的なチャンスを逃す。以前の彼だったら絶対決めていたと思うんだけどな。

前半はこう着状態のまま。あまり面白いとはいえないゲーム。

後半、スロバキアが変わった。まるで昨年の欧州選手権の時のデンマークと戦ったチェコのように、いきなり覚醒したようだった。

立ち上がり5分、そんなスロバキアの先制。スペインはまだ点差的には余裕があるのに何故だか焦りを感じる。こういう時こそ余裕を持って落ち着いたプレーをしてほしいのだけど。

スペインが勝つことを分かっているくせに不安になって見守る中、次のゴールはスペインに生まれた。これで再びスロバキアは4点を返さなくてはならなくなる。残り20分で4点はかなりキビシイ。がんばってはいたけど後半始まってすぐの勢いは薄れ、結局1:1のドローで終った。

スペイン、おめでとう!!

でもこのままじゃ決勝トーナメントに上がるのは難しそうだなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都の写真

出来上がったのでいくつか紹介。

051122-1 051122-2 051122-3

051122-4 051122-5 051122-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネバーエンディングストーリー

今回の旅のお供のこの本、1〜2年前から中断されていた。
1冊目を読み始めたのは8年ほど前。1年近くかかって読了。この2篇は6年以上かかっている。
このままいくと死ぬまでに第7篇(10冊目)『見出だされた時』にたどり着けないような気がする。
というより今まで読んだ部分も忘れかけているし…わたしはこの作品を正しく読むことが出来るのだろうか。051121_2334.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯布院

お昼前に帰り着き、午後から湯布院へ行ってきた。

奈良も寒かったけど湯布院も寒い~!!

連休でもないのに湯布院の町中は車が渋滞していた。

日が落ちるのが早くなったので5時過ぎバスの車窓からはこんな夕空が見えた。

051120

ところで今回の旅行、たびくまのためにレチェを連れて行ったのだけど、皆から“変わった人”と思われたかも(「それは間違いない」なんてコメントは却下)。いちいち「これはHPのためで・・・」と言い訳めいた説明をしてみたり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっぱり食べ物

今日も一日たくさん歩いた。
奈良一日観光。予定では最後にならまち散策だったのだけど時間がおして行けなくなっちゃった。
夕食は皆と一緒に取っていたら船に乗り遅れちゃうので、ひとり駅前で軽く食べた。
教えてもらった美味しいパン屋さんに寄り、チョコクロワッサンが美味しいというサンマルクカフェに寄り、神戸の港へ。
このクロワッサン、中にチョコレートが入っているというより、ぶっとい板チョコにクロワッサン生地を巻いているって感じでチョコ好きにはうれしい!

051119_2115.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

京都観光

今日は一日京都観光。
紅葉は五分くらい。場所によってはとっても美しかった!
夜は京都駅のクリスマスツリーを見た。こちらも綺麗だった!!vfsh0672.JPG

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベッサ

今回の京都は観光もするので愛機を連れて行くことに。
団体行動なので悠長にレンズを交換してられないと思い1本だけ。普通だったら35mmなのだろうけれど75mmにした。不便かなー。人物も撮るし、いいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノ

051116 あさって、大阪に着くので向こうから送ろうと、Ritti Bearさん用に連日制作が続いていました。

これが最後の1体。

頭がもおメメも大きな子です。久々に頭の大きいのを作っているとヘンな感じ〜って笑っちゃうのですが、出来上がるとやっぱりカワイイわ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインからの

今、二人のスペイン人が日本に旅行に来ている。

彼らとは昨年、マドリッドの宿で一度会った。その時のことはEURO2004観戦記「ワインの試飲会」に書いている。

あの時が第一回目のPROJECT J(日本へ行こう!)の会合だったのだけど、まさか実現するなんて思ってもいなかった。しかも「2005年 日・EU市民交流年イベント」として正式登録を受けたんだって!

日西文化協会の運営する掲示板で知り合った人たちが、彼らの旅行に部分的に参加して日本とスペインの文化交流を図っているのだけど、わたしも今週末の京都と奈良に参加することにしている。

本当はスペイン人5人が参加する予定だったのだけど、直前に家庭の事情で3人来られなくなってしまった。すっごく残念だけど人数が減っても歓迎の気持ちに変わりはない。

マドリッドで会ったあと、がんばって掲示板でメッセージのやりとりをしていたのだけど、辞書を片手にかなりの時間をかけて訳して理解して、かなりの時間をかけてスペイン語で打っていたので、会話となるとまるで出来ない。だから会ってもきっと誰かの通訳なしには会話が成立しないだろうな。

旅行記の最後にスペイン語の勉強をすると誓っているのだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アルパカ2色目

051114 優しげでちょっぴり寂しげなお顔の子です。

首はダブルジョイントお腹にペレットが入っています。

いつも傍らに置いてあげてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のスペイン

プレーオフ1戦目、スペインのホームゲーム。
もし引き分けならここでスコアレス、アウェイで1-1でも・・・などと消極的なことを考えていた。
立ち上がり、正直スペインはあまりよいとはいえない試合運び。しかし前半10分、セットプレーからルイス・ガルシアがヘッドで1点目を決める。あ、取っちゃったって感じだった。
ホアキンくんが出ていないし、とあまり気持ちも高揚しないままその後の展開を傍観。18分、ゴール前にシャビが出したボールにオフサイドぎりっぎりで飛び出したルイス・ガルシアが軽く合わせて2点目!
その直後、オフサイドではないのか?と抗議に飛び出したスロバキアの監督が退席処分、キャプテンがイエローカードをもらう。気持ちは分かるけど、もっと冷静に対処しないと結局自分たちの身に降りかかってくるのに。
その後スペインはリラックス出来たのか、よい形が続き決定的なシーンの連続。でもこれがなかなか入らないんだな。3-0で終ってもいいような前半。
後半立ち上がり早々、バックパスがスロバキア、ネメトへの絶好のパスになりスロバキアが1点を返す。
後半9分、ビセンテくん登場(*^^*)
後半20分、スロバキア選手のペナルティエリア内でのハンドによりPK。その際の抗議で今日2枚目のイエローをもらったハドが退場。
PKはトーレスが決めてスペイン3点目。
数で優位に立ったスペインは相手陣内で押し気味に試合を展開。
後半29分、ビセンテからのクロスにルイス・ガルシアが合わせて4点目。ルイス・ガルシア、ハットトリック。今日のラッキー・ガイ。
その後ルイス・ガルシアに代わりモリエンテスが久々に登場。そのモリが34分、ビセンテがゴール前に上げたボールをヘッドで叩き込み5点目。
スペイン勝利。でもなんだか後味がよろしくないですね。
5-1。ポイント的には5-2。これでかなり余裕を持ってアウェイを戦えるだろう。スペインの弱点は余裕がなくなったとき。攻撃が雑になりバタバタしてしまう。精神的にもっと強くなんなきゃと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルパカ

051112 以前から気になっていた素材、アルパカ。普段使っているモヘアより高級で触り心地もいい。

でもまだ種類がそれほど豊富ではなくて、今までは色、形状共に気に入ったものがありませんでした。

先日、いつも利用しているベアの材料を売る店から新しいサンプルが届きました。アルパカの新製品でした。

カーリーマットというモヘアが好きでよく使うのですが、それに似た感じで色も渋くてよいです。早速注文して作ってみました。

わたしの好きな雰囲気のアンティークベアにちょっぴり似ている気がします。お顔はちょっぴり上向きです。身長17cm。

あと2色あるのでそれも早く使ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11、12月の絵

051111 あとは数字を入れたら出来上がり~。

全貌はカレンダーが出来上がってからのお楽しみ、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1枚

051110 9、10月の絵が出来た。あとは11、12月を残すのみ。

これが終ったらベアをたくさん作んなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョーカー

051109 暖色系の天然石と、シードビーズを使ってチョーカーーを作った。淡い色ばかりを使っていたけどパンチに欠けるのでアクセントにガーネットを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指が痛いです

051108 久々にパンダを作ってみました。ちょっとお間抜けなお顔ですねぇ。

パンダってクマに似た体型だけどクマじゃないんですよね。

ところで、ベア作りは腕力が結構必要だったりします。小さいベアはまだよいのだけどちょっと大きくなるとジョイントのピンが太くなり、ラジオペンチで曲げるのに一苦労。

わたくし不器用なので、このラジオペンチでよく指を挟んだり勢い余って鼻の辺りをかすめたりしています。今日もジョイントを締める時に指を挟んでしまいました。ピンを曲げる時だけ誰かに替わってほしいです(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィギアスケートの季節

小学生の頃から好きなスポーツ、フットボールとフィギアスケート。自分では滑れないけど、だからこそ憧れの眼差しで見ていた。

小学生の頃、NHK杯のエキシビションで多分、伊藤みどりさんだと思うのだけど特別に演技を披露した。自分と同じくらいの歳の子がこんな舞台で滑るなんてすごい!とかなりのインパクトで記憶に焼きついた。

もともとは父が(TV)スポーツ観戦はなんでも好きでフィギアスケートもそのひとつだったのだけど、いつの頃からかわたしのほうが率先して見るようになっていた。

高校生の頃はカタリーナ・ビットさんが大好きで、それに加え成長した伊藤みどりさんが活躍した時期でもあり、演技に鳥肌を立て涙しながら見ていたものだった。

その頃は男子シングルの王子様的衣装がどうにもなじめず殆ど見ていなかったのだけど、もう少し大人になって、これまたNHK杯のエキシビションでフィリップ・キャンデロロを見てやられた。競技としてのフィギアスケート界ではかなりユニークな存在だと思う。

それがきっかけで男子シングルも見るようになった。技のダイナミックさでは女子より男子だと初めて気づく。

初めて会場で見たのは9年前のホンダ・プレリュード杯。ビットさんもキャンデロロも出場することを知り速攻で入場チケットと東京までのチケット(正月だったため行きはすでに飛行機がなく新幹線で)を取り代々木へ。

この大会にはイリナ・スルツカヤも出ていた。彼女の若さ溢れるスピード感とジャンプに好感を持ったがこれだけだと長くは続かないのではと杞憂していたものだった。

昨日、グランプリ・シリーズの中国大会を見た。そこにはイリナがいた。彼女は200点に近い得点で優勝した。ここ数年、彼女はいつも上位にいる。だがその前の数年は結婚やらなにやらですっかり姿を消していた。しかしそれらを乗り越えて彼女はまた氷上に立っている。

今の彼女には9年前には見えなかった精神的な強さと大人の女性の柔らかさがある。

中国大会には浅田真央選手も出場していた。まだとてもあどけなくてスイスイ滑ってポンポン飛んでいた。彼女も数年後には体が変わって簡単に飛べていたはずのジャンプが飛べなくなる時期がくるかもしれない。でもそれを越えたらもっと素晴らしい選手に成長するだろう。

今期はオリンピックが控えている。素晴らしい演技の競演を楽しみにしている。

未だにわたしが最も愛する選手はカタリーナ・ビットさんとキャンデロロ。この大会で、彼らを越える選手が現れるだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

カレンダーの表紙

051106 まだあと2枚残っているのだけど、とりあえず表紙を描いてみた。

内容がわかるような表紙にしようとしたらかなりカラフルになるので、青以外は明度を上げて分量少なめに。

ところで最近よく『POP STAR』を口ずさんでいるのだが、今日姪っ子から「それ、『素敵なアネキ』の歌でしょ?」と言われた。いや、“危険な”なのだけど・・・。君にとっては“素敵”なのだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝える心

先日、ある方にベアの説明をしていたら彼女が突然

「わたしがお客さんだったらさらさんのベアを買っているわ」と言った。

ちょっと驚きつつ数年前のことを思い出した。その時も、ほんのちょっとカラクリのある絵だったので、そのことについてある女性に説明したら彼女は想像以上に感動してくれたのだった。

いつも、自分は言葉で表現することを苦手にしている。くだらないことは喋り倒すくせに大事なことは上手く表現できない。

学生時代はデザインを専攻していた。先生は「デザインにおいてはまずプレゼンテーションが大切だ」と言っていた。どんなにいいものを作れたとしても、まずそれを人に言葉で伝えられなければつくる段階にまでもってけないってこと。

そういえば「現代美術」という科目もあって、それはまさにプレゼンが全てのような授業だった。いつも時間の終わりに課題が与えられ次の時間までに用意し、一人ひとり発表して最後に先生が講評するというもの。最も苦手とする科目だと思っていたのに何故だかいつも好評だった。
例えば「音を録音する」というお題では、ちょうどW杯でオランダが負けた直後だったので、西ドイツとの試合のハイライトを録音して、いかにわたしがオランダ代表を愛していてこの試合でどれほど悔しく悲しい思いをしたかということを熱く語ったのだった。完全に自分が好きなことをしただけだったのでまさかあれほど好意的に受け取ってもらえるとは思ってもみなかった(笑)。

そんなことを色々思い返してみて感じるのは、絵でも音楽でも言葉で伝えることも大切だということ。そしてそれは心がこもっていてこその言葉だということ。不器用でも、人の心を動かすのはやっぱり心なのだと思うのだ。
なーんていいながら私、テクニックに落とされたりなんてこともありそうで・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JOY

051104 クリスマス用にと制作したベアなのですが・・・「“クリスマス”というより“宴会”」と言われました。

クリスマスパーティのお供にいかがでしょうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5、6月の

051103 カレンダーの絵。

あと2枚と表紙で出来上がる。

今月中には終るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミノバンジロウ

10年近く前から庭にある木。親戚のおじさんにもらったそうだ。母は「セキノバンジロウ」と言っていた。秋に生る黄色い実はほんのり甘酸っぱくて美味しい。

今年になって、その木がグァバの仲間であることを知った。母が言うには「ストロベリーグァバ」なんだと。

気になったのでネットで調べてみた。グァバ=バンジロウなのね。で、家にあるのは「黄実のバンジロウ」らしい。別名「イエローストロベリーグァバ」。母の記憶は曖昧だった。

このキミノバンジロウ、とあるサイトでは「種が多く食べるには不向き」と書かれていたのだけど、家では先の硬いところを残し、あとは種まで食べている。ストロベリーグァバの葉はお茶にできるみたいだけど、この葉はどうなんだろう?

051102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっぴり長めの

051101 ブルーのシラーが入ったラブラドライトに、サンストーン、ちょっぴり大きめのお花の形のヴィンテージスワロをランダムに配置して。

スワロがキラキラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »