無料ブログはココログ

« 久しぶりに観た | トップページ | ネコちゃーん!! »

2006年3月31日 (金)

立体作品

060331 ベア以外の立体作品を考えていて、時計好きなわたしはこれを思いついた。

でもただの時計を作っても意味がないので短針と長針を文字盤と同じ色に塗ることにした。

これは人が時間を見るための時計ではなく時計が時計であるための時計なのだ。つまり、人がどう見ているかを前提として自分の生き方を決めるのではなく、自分自身で決めるべきということがメタファーとしてある。赤い秒針は脈打つ血。

« 久しぶりに観た | トップページ | ネコちゃーん!! »

ものつくり」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おぉ~コレはイイね!
実用品の時計だけど、実用的じゃないところなんか、変った物好きの俺にはヒット!
赤い秒針が脈打つ血ってなところも効いてる!
今年のマイ・アウォードにノミネートさせて頂きました。

あは。どうもありがとう(^^)
妹に見せたら「はあぁぁ~??」って反応だったのです(笑)
使えない時計作家になろうかしら(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立体作品:

« 久しぶりに観た | トップページ | ネコちゃーん!! »