« ネコちゃーん!! | トップページ | 15年周年のお祝いに »

因縁の対決

クラシコとアンダルシアダービー。バスクダービーのような和みムードはありえないこれらの試合。

どちらもホームアドバンテージがマイナス面で働いたゲームとなった。

バルサvsマドリの方は、ロベルト・カルロスのファールと退場で高まる気持ちを削がれてしまった感がある。にしてもロベルト・カルロスのカードって口でもらうことが多すぎだよね。荒れそうな試合のときはマウスピースでもして出たらいいんじゃないかしら。

バルセロナはチャンスはいくつもあったのに、特にラーションは決定機を2回も逃してしまった。あれは痛かった。序盤面白そうな予感がしただけに、1:1というスコアは物足りない。

一方ベティスのほうはゲーム自体ではなくスタジアム側の問題で、遠まわしのセビリスタの締め出しをやってのけた。サビオラがゴールを決めた瞬間のあの寒い空気といったら、敵ながら同情しちゃった。

ベティスvsセビージャの試合は放送時間が分からなくて適当に録画したら後半開始からしか録れていなかった。火曜日の再放送を待ちきれなかったので後半を先に観て前半は翌日に観た(得点シーンは前半に集中していた)。

バレラって、時々豪快なシュートを決めてくれるから好きよ。

今回もタイムアップ間際にセビージャの怒涛の攻撃を何とか守り抜き辛くも1点差で勝利した。

ベティスはヨーロッパのリーグ戦を脱落してから国内リーグの方は調子が上向いてきている。それと対照的なのが今回対戦したセビージャと前回対戦したビジャレアル。
両チームともそれぞれUEFA CUP、CLで勝ち上がってきている。勝敗の要因はこの辺りにもありそうだ。各国代表級の選手が余るほどいて、ローテーションで使っていければコンディション調整も難しくないだろうが、それほど裕福ではないチームにそれは望めない。シーズンも終盤に差し掛かり選手に疲労が蓄積されているのではないだろうか。

それでも現在5位と8位にいるこの2チームは立派だとも言える。その点ベティスは今期は失敗だったといっても過言ではないだろう。

|

« ネコちゃーん!! | トップページ | 15年周年のお祝いに »

コメント

ホントに今季のBetisは……。Villarrealが、あれだけ頑張っているだけに情けない。でもアンダルシアダービーは久々に爽快(笑)。
クラシコは確かにつまらなかったですね。でも次のBenfica戦でラーションは良い動きをしていました。それにしてもラーションが今季でいなくなってしまうのが信じられない……。

投稿: あつし | 2006年4月10日 (月) 09時02分

セビージャとの一戦を観た後はしばらく顔が緩んでおりました(^^)
先週末の試合はカディスが相手だから勝てると思っていたのですが(--;;ドローの多い節だったみたいですね。

ラーションはラシンとの試合でも素晴らしいゴールを決めていました。ほんっとうに、もうしばらくの間留まって欲しかったです。でも惜しまれている時に去るのが一番美しいのかな・・・。

投稿: さら | 2006年4月11日 (火) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108104/9452333

この記事へのトラックバック一覧です: 因縁の対決:

« ネコちゃーん!! | トップページ | 15年周年のお祝いに »