« ベッサも持っていった | トップページ | 電池切れ »

また劇的な

ドイツvsイタリア

眠たいし、そんなに試合は動かないだろうし、どうせドイツとイタリアだし・・・と後半20頃起きてTVをつけた。

予想通りにがっかり。前半はもっと激しかったのかもしれないが、後半終了まで両者慎重な試合運びだった。

イタリアは引き分け狙いでPKに持ち込むのか?それじゃ勝ち目はないんじゃないか?と思ったが、延長戦に入り先に仕掛けたのはイタリアだった。

右からの再三に渡る突破を狙うイタリア。それでも延長前半、得点は入らず後半へ。

延長後半、イタリアの惜しい攻撃の後、ドイツがボールを奪い上がった際、イタリアDFが自陣ゴール前にポッカリスペースを空けていて、これはやられるんじゃないかと思ったがなんとか防ぐ。

後半終了間際、ペナルティエリア内の混戦の中粘って出したパスをグロッソが決める。ドイツは同点に追いつこうと果敢に攻めるが一瞬の隙を突いてデル・ピエロが駄目押しの2点目、その直後試合終了。

ドイツは終了間際、一気に地獄へ突き落とされた。

またしてもリッピの交代が当たったって訳だ。

|

« ベッサも持っていった | トップページ | 電池切れ »

コメント

見所の少ないゲームでしたね。
アルゼンチン戦の疲れのせいか、ドイツのシュートミスも多かったし。

で、イタリアを見てて思ったこと。

ガッツゥーゾ→武闘派マフィアの鉄砲玉
ザンブロッタ→殺し屋
トッティ→大物マフィヤの息子
デルピエロ→麻薬には手をつけない優しいマフィア
カンナバーロ→マフィアの顧問弁護士
ブッフォン→ヒモのチンピラ。女物のガウンを着たまま朝食

どう?(w

投稿: Roberto | 2006年7月 5日 (水) 21時10分

そんな、マフィアに例えるなんて、イタリア人が見たら・・・(^^;;;
確かにトッティはナチュラル・ボーン・悪人顔ですが(あぁ、トッティファンから石が飛んできそう。。。^^;)
アレックスは孤独な潜入捜査官にしてあげて(笑)。

投稿: さら | 2006年7月 6日 (木) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108104/10794490

この記事へのトラックバック一覧です: また劇的な:

« ベッサも持っていった | トップページ | 電池切れ »