« 3位決定戦 | トップページ | W杯は終ったけれど »

決勝戦

1ヶ月続いた戦いの日々も遂に最後の日を迎えた。
長いようで短い1ヶ月。明日からは普通の生活に戻らなくちゃ。
また4年待たなくてはならないけれど、これが1年も続いてちゃ身が持たないもんね。
第一、1ヶ月も続くお祭り騒ぎってほかにある!?
さて、お祭り最終日、つまり決勝戦はイタリアvsフランス。
前半7分、ペナルティエリア内のファウルでいきなりフランスにPKのチャンスが訪れた。それを決めたのはこの大会で引退するジダンだった。かなり際どい角度、あと数度蹴り上げていたら入らなかったろう。
それから間もない19分、コーナーキックをマテラッツィがヘッドで合わせて同点に追い付く。今日は2-1、3-2になるくらい点が入るかなと期待したがここから両者、前線からの厳しいプレスでなかなかシュートで終われない。結局同点のまま延長戦へ。
どちらかというとフランスのほうが攻めていてシュートも多かったのだけど、延長後半、思わぬ出来事が。
選手と主審が別のところに集まっている時に、ジダンとマテラッツィが何か言い合い、ジダンがマテラッツィの胸に頭突きをした。あ〜、やっちゃった。何も自分の引退試合でやんなくってもいいのに。もう少し冷静に対処して欲しかった。
結局延長でも決まらずPK戦へ。フランスは2人目のトレセゲが外しイタリアは全員が決め優勝。
イタリアはようやくPK戦の呪縛から解放されたのね。おめでとう。

フランスは今日はマルーダがよかった。そしてアンリも。ペナルティエリア付近で3人か4人抜いたシーンはワクワクした。ゴールには至らなかったけど今日はいいパフォーマンスを見せていた。
イタリアはカンナバロが落ち着いていてよかった。PK戦時の仁王立ちが素敵(笑)。

決勝戦は今大会を象徴するような、総集編的試合だったように感じた。

|

« 3位決定戦 | トップページ | W杯は終ったけれど »

コメント

仁王立ちのカンナバーロに、ピルロが抱きついていて?凭れ掛かっていて?隠れるように背中越しに観ていて?かな…カワイかったですね。

ドイツの食の写真キレイに撮れてますね。
プロのフード専門カメラマンみたいのもある。
でも流石、女性だけあってスゥイーツが多いですね。

あの辛いのは、山ワサビ(ホースラディッシュ)じゃなかったですか。
僕達もニュルンベルクで、それが気に入ってしまい必ずホースラディッシュをもらってました。

食べ物美味しかったですよね。

投稿: katchin | 2006年7月13日 (木) 15時30分

そうそうそう、そうです。みんなドキドキそわそわしている中、動じないカンナバロ。多分内心は心臓バクバクだったと思うのです。

写真、美味しそうに見えますか?
余りあるお褒めの言葉、ありがたく頂戴致します(笑)。
スウィーツ、これでも控えめだったのですよ。「ポテトチップスが食べたい・・・」って思うようになるくらいブルージュでチョコ食べ過ぎたので(^^;;;

あの辛い白いもの、山ワサビなのですか。山ワサビがどういうものかを知らないのでわからなかったです。
katchinさんは気に入ったのですね。わたしは味覚がお子ちゃまなので苦いもの、とても辛いものは苦手です。

本当に、食べ物が美味しいのが意外で、でも嬉しかったです~♪

投稿: さら | 2006年7月14日 (金) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108104/10868385

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝戦 :

« 3位決定戦 | トップページ | W杯は終ったけれど »