« 湯布院は今日も雨 | トップページ | 最後の2体 »

犬の連作3点

0601124_1 「小さな喜び」

182×257(mm)、アクリル

何気なく通りかかった草原で何気なく見つけたひとつの花。そんなちょっとした出来事が嬉しく感じることがあります。

そしてそういうちょっとした゛にっこり゛が誰か別の人をにっこりさせ、それがぐるっと世界を回ればいいなと思うのです。

この作品は初めに暗い色を塗り、その上から何度も何度も少しずつ明るい色を重ねてあります。輪郭に見える部分は線を引いているのではなく下の色を残しているのです。

0601124_2「偶然か必然か」

182×257(mm)、アクリル

時々思うことがあるのです。人との出会いや身の回りで起きる出来事は偶然の積み重ねなのか、予め決められているのかと。

でも結局それがどちらか分かったとしても、何も変わらないのかも知れませんが。

この作品は緑の草を細い筆で一つひとつ描いています。皆そこに目が行きますがわたしにとっては吹きすさぶ風を、一気に描き上げる集中力の方が大変でした。

0601124_3 「道はきっとつながっている」

182×257(mm)、アクリル

夢で見た場面を絵にすることがあります。でもなかなかうまく行きません。見た通りを描いても見た感覚は伝わらないのだと思いました。

これも夢で見たものがモチーフになっています。

時々サントリーニ島の夢を見ます。その一つが、地元の街を歩いていて、地下に下りるとせまい通路に商店が並びそこを抜けて階段を上がるとサントリーニ島だった、というもの。

それをそのまま描いても面白くないなと思いこういう作品が出来上がりました。今回の作品たちの中でも気に入りの1枚です。すっごく楽しく描くこともできました。

.

何人かの方に「犬が好き?」と聞かれました。確かに好きです。

|

« 湯布院は今日も雨 | トップページ | 最後の2体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬の連作3点:

« 湯布院は今日も雨 | トップページ | 最後の2体 »