« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

今年もあとわずか

ほぼ毎日といいながら、今年後半はこのブログも更新回数が減ってしまいました。

来年は今年より面白いことをもっとやりたいなと考えています。ブログのほうでもその様子をお知らせしていきます。

今年1年、出会った皆様、応援してくださった皆様に感謝です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪ユキ*サンポミチ

0601223_01 23日、友人に勧められて阿蘇白水郷美術館の展覧会を観に行った。

コーダ・ヨーコさんとスズキ・イチローさんのコラボレーション。

湯布院、九重、小国を通って阿蘇へ。片道約2時間半。途中こんな幻想的な風景も。思わず車を止めて写真を撮った。そういう人たちが沢山いた。

小国の辺り(?)では前方の歩道を馬に乗ってやってくる人が。向かってくる車に手を振りながら進んできた。すぐ近くに来た時に妹と二人、手を振り返したら予想外のリアクションだったからか手を上げたまま会釈をされていた。遠くに見えたときはおじさんかと思っていたが女性だった。

0601223_02 ほとんど迷うことなく美術館に到着。

建物に入る前から展覧会は始まっていた。

この白い物体、矢印かと思っていたらおうちなのだそう。(大変失礼しました)

会場内は本当に散歩道のようになっていて小さな扉を開けると素敵な世界が!

全体、雪の白一色なのだけど、ほんわり温かで可愛くてお茶目で観に来てよかったHeart_1

こんなにぴったり合っている二人展というのはあまり見たことがない。ワクワクする雪の日を創り上げていた。

0601223_03 美術館のカフェでは期間限定の雪ユキ*マフィンを頂いた。見た目も可愛いしとっても美味しかった。(食べることは外せないのよね)

今日までなのでお近くの人は是非行ってみて!!

お昼はコーダさんにオススメのお店を教えて頂き、混んでいるかもと美術館の方が予約を入れてくださった。(皆さん、本当にありがとうございました)

向かったお店は「かまど」。かまどでご飯を炊いているんだって。

0601223_04

わたしはステーキのセット、妹は冬のコースを。最近食欲がなくてあまり食べていなかったのだけど、今日はいきなりものすごいボリュームを完食してしまった。

妹の料理もちょこっと食べさせてもらったけどゴマ豆腐の揚げ出しは中がとろけてすっごく美味しかったし、デザートのキャラメルアイスもほろ苦くて香ばしく美味だった。

何もかも満足して帰路に着く。わたしはそのまま湯布院でクリスマスパーティ。(ここでも食べ過ぎてしまった・・・)

めっちゃ充実した一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フットボル三昧

昨日も書いたけど、ケーブルがデジタルになった。ということで、チャンネル数が増えた。いくら増えても殆ど見ないチャンネルばかりだが、スポーツチャンネルだけは嬉しい。

チェルシーTVにアーセナルTV、エールディビジにアルゼンチンリーグ、セリエA、ブンデス、リーガアン、多分UEFEカップも・・・と各国リーグが毎日のように放送されている!!!

チェルシーにはロッベンHeart がいるしドログバやランパードも(バラックもチェルシーだったのね)、あブラールスもいたわね。アヤックスはスネイデル、アーセナルにはファン・ペルシー・・・と好きな選手やオランダ人選手も沢山見られる。

といってもフットボルを観ている時は他に何も出来ない。年内は制作を休むつもりなので浴びるほど観られるけど来年からは厳選して観なくてはならない。観られるのに見られないというのも辛いものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泣こう

感動の涙は体によいと何かで聞いた記憶がある。

ということで『ニューシネマパラダイス』を観て泣くことにした。

先週うちのケーブルテレビをアナログからデジタルに移行したのに伴い、ビデオデッキもDVDレコーダーに替えたのだが、これでDVDを観られるようになったということに気が付いたのが一昨日の夜だった。

半年以上前に購入し、myパソで観られなかったSUPER HI-BIT EDITIONのシネパラ。やっと観ることができる。

少なくとも4回以上は観ているこの作品、何度観ても笑えて泣ける。本当に大好きな1本。

途中、「この映画のどこで泣くん?」などと無粋な質問を投げかける母に苛立ちながら(そういうことはちゃんと最初から最後まで観てから発言してください)、トトの旅立ちからラストまでツツツーッと涙が流れっぱなしだった。

ちなみにこの作品、ディレクターズカット版もある。こちらにはエレナ(ブリジット・フォッセー)とのその後も盛り込まれていて、作品の印象が随分と変わってくる。作品的完成度は劇場版の方が高いと思うし、わたしも好きだ。なのでディレクターズカット版はもう観まいと心に決めているのだが、1度観ちゃったものだから劇場版を観ても思い出しちゃうんだなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルーミチーズのフライ

0601210 ハルーミチーズはキプロスのフレッシュチーズ。

山羊、羊の乳が入っているのでちょっと癖があるけどちょっぴりハーブも入っていてキュッキュとした噛み応えの爽やかな食感。

そのまま食べてもいいけどわたしはパン粉を付けてオリーブオイルで焼いたのが好き。

かなり塩味が効いているのでそのままでどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

失った2点

対アトレティコ戦。

ベティス、ただいま下位を爆走中。ここ2試合引き分け、その前レバンテに勝っているものの2勝3分7敗の17位。

今回上位を行くアトレティコ相手なのであまり期待はしていなかったけど、内容はそれほど悪くなかった。チャンスもベティスのほうが多かった。でも結局1発に沈んでしまった。

後半の2つのPKを2回とも止められちゃうんだもんなぁ。天からの贈り物だと思ったのに。

「最悪~!!」と何度漏らしたことか。“最”悪なんて何度もあるはずないのに。

次の放送は来週のバルサ戦かな。ホームなのでちょっとはいい試合見せてくれるかな。

ホアキンがいなくなって寂しい上にロベルチをあまり信用していないので最近微妙だったけど、ソビス、けっこう好きかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK杯

ちょっとなんだこれは!?な結果だった。女子も男子もシングルは表彰台日本人独占。

女子の方は他の国に脅威となる選手がいなかったので、自滅しなければこんな感じかなと予想はついたが、男子は小塚選手が健闘した。ジュニアの時も滑りが綺麗だなと思ったけどやっぱりいい。

高橋選手はショートで良過ぎるとそれがプレッシャーとなるのかフリーで自滅というイメージがあったけど、成長したのか今回はノーミス。織田選手の明るいキャラクターも素敵。

今、日本の男子シングルは女子に負けていない。国内にライバルがいるのはよい刺激になって更なる向上を望めるのではないだろうか。

女子シングルは浅田選手が強かった。村主選手がほぼノーミスであれだけの差が付くということは難易度の差なんだろうなと思う。

でも村主さん、以前より表情がよくなった。エキシビションのような演技を競技でもやればいいのに。

アイスダンスも知っているのは1位のデュブレイユ・ローゾン組だけ。デュブレイユって大人っぽい雰囲気が素敵。オリジナルダンスのタンゴよりフリーのような曲調のほうが合っているわ。オリジナルダンスは決められているから仕方ないんだけど。

名前は忘れたけどオリジナルダンスでパンツスタイルの女性、初めて見た(ロシアの選手だった?)。彼らの個性に合っていてよかった。

今までグランプリシリーズはBSでやっていたけど今年は何故か民放。あまりまともに観られなかった。ファイナルも民放だそうだ。ぺアとアイスダンスはダイジェストでシングルだけ放送ってことはないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯布院をお散歩

0601201_01 昨日で個展は終了しました。

ご来場くださった皆様、本当にどうもありがとうございました。一つひとつの作品をじっくり見て下さっているのを拝見すると、とても嬉しいしこれからもがんばろうという気持ちになりました。感謝、感謝です。

昨夜搬出が終って、(たいしたことはしていないのだけど)疲れと安堵感からか、今日は殆ど一日コタツでウトウトしていました。

.

最終日の昨日は朝から湯布院へ行きましたが、平日だったので人通りも少なく時々会場へ戻っては町をてくてく歩いて回りました。

この日はわたしが湯布院へ通う中で久しぶりのよいお天気!しばらくすると黒い雲がまわりから集まってきました。まるでわたしが雲を呼び寄せているみたい。それでも今日は雨は降りませんでした。

玉の湯のティールーム・ニコルでは今期間限定のモンブランがあるので、アップルパイはお店で買おうとパン屋に行ったのですがなんと「しばらく休業します」と張り紙が!残念。

ニコルのモンブランはマロンペーストはねっとりというよりバターのような滑らかな舌触り、シャンティの記憶がないです。メレンゲもない?と思ったけど栗の下にちょこっとありました。メレンゲはもっとしっかり存在感があった方が好きです。中に一粒丸ごと入ったマロングラッセは美味しかったですが全体的にしっかりとした甘味がありました。

0601201_02 0601201_03

この写真は別府-湯布院間のバスの車窓から。「由布登山口」バス停付近から見る景色がこの区間で一番のお気に入りです。岩がゴロゴロ、木がポツポツな風景が、なんだかよその星に来たような気分になるのです。

以下、湯布院の町の写真です。

0601201_04 0601201_05 0601201_06

0601201_07 0601201_08 0601201_09

0601201_10 0601201_11 0601201_12

0601201_13 0601201_14

もう紅葉も終わりかけ、もうすぐ本格的な冬到来です。

.

ひとつ残念というか完結していない気分なのは、一番見て欲しかった人が多分来ていないということ。随分前に話したから忘れちゃったんだろうなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »