« ポージィ | トップページ | あかちゃん用のベア »

ふと思う

070208 今日は朝からぼうっとした天気だった。
出勤途中、ふと空を見上げると太陽が見えた。青空に残る白い月の様にその輪郭をはっきりと肉眼で捕らえることができる。
この薄っぺらな太陽をぼんやり眺めながら自転車を漕ぎ思いを巡らす。

太陽も月も薄い紙の様に、貝殻の様に空に貼付いて見える。同じように、遠くの山々を見ていると無意識に空と同化した一枚の絵の様に見ていることがあるのだが、ある一瞬に鳥肌が立つ程の立体感を以ってその姿を現す時がある。

太陽や月や星、そして地球をその感覚で見てみたい。宇宙への憧れはそういうところから来ているのかもしれない。

|

« ポージィ | トップページ | あかちゃん用のベア »

コメント

さらさん、こんにちは。
私はやっぱり、宇宙から地球を見てみたいです。本当に青くて綺麗なんでしょうか?もし、そうだったら、国の偉い人たちに見せて、美しい地球を守らなくちゃ、って思わせたい。欲のための環境破壊や戦争がなくなっていくよう願うばかりです(**)
ところで、別府市の美術館で今している美術展(ビエンナーレ?)行ってみましたか?
すごく良いと聞いたので、私は行ってみたいと思いました*^^*

投稿: あくび | 2007年2月 9日 (金) 08時26分

あくびさん、こんにちは。
宇宙から、映像では見たことがあってもやっぱり肉眼で見てみたいですよね~。
偉い人もそうですが、環境問題はわたし達一人ひとりの問題意識も重要ですよね。ほんの些細なこと(いいことも悪いことも)でも何億人もの人々がやったらすごいことになってしまう。。。
御伽噺のように私利私欲の人だけが制裁を受けるというものでもないですし。

ビエンナーレはまだ行っていません。今週末行かないと終わってしまいますね。どうしようかな。
テーマはベタだけどよいですね。

投稿: さら | 2007年2月 9日 (金) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふと思う:

« ポージィ | トップページ | あかちゃん用のベア »