« カレルチャペック・スウィーツ | トップページ | 謝る人、謝らない人 »

紙屋さんとギャラリー

横浜を朝のうちに出て渋谷へ。
ロッカーに荷物を預け徒歩で表参道方面へ。
神保町に竹尾という会社がありそのすぐそばにその会社のショールームがある。
本当は金曜日に行こうと思っていたのだけど、時間が足りずに行かれなかった。土日は休み、月曜日はわたしが横浜で、結局帰る日にしか時間がとれなかった。神保町まで行くのは遠く、調べてみると青山にも店があったのでその「青山見本帖」へ行くことにしたのだ。
「青山見本帖」は初日に行ったピエールエルメと無印良品の間の道を入った所にあった。なんだか効率の悪い行動をとっていたようだ。
店内に入ると全ての壁が上から下まで紙の入った棚になっていた。そしてその名の通り見本帖が数十冊置いてあり、そこから欲しい紙の品名等を専用紙に書き、スタッフに出してきてもらう。
レターセットを作ろうと、地元の画材店や文具店を回り紙を探し歩いたが思うようなものが見つからなかった。それでわたしはここにいる訳だが、これだけ種類があると逆にどれにしようか迷ってしまう。
ここではサンプルに1種類につき2枚までしか購入できない。わたしは家でゆっくり検討するために数種類の紙を買って店を出た。
見本帖のはす向かいにPROMO-ARTEという3階建てのギャラリーがあった。カロリーナ・ラケル・アンティッチ展のポスターの絵がとても気になったので階段を上がる。
まずは2Fのラテンアメリカンギャラリーへ。ラテンアメリカと聞くと熱いイメージだけど結構手堅い作品ばかり。
そして3Fへ。あれ?開かない。お昼を過ぎないとオープンしないようだった。残念。
諦めて初日に伺った「ギャラリー・カフェ・ニ・モード」へ。今日、展示が入れ替わっていた。今回は前回の方々より若手ということでこれからかな?って感じの作家さんが多かった。
全ての買い物を済ませ、大きくなったダッフルを抱え空港へ・・・

|

« カレルチャペック・スウィーツ | トップページ | 謝る人、謝らない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙屋さんとギャラリー:

« カレルチャペック・スウィーツ | トップページ | 謝る人、謝らない人 »