無料ブログはココログ

« RYUJI IWASAKI EXHIBITION | トップページ | 熱中症? »

2007年8月10日 (金)

絵本カーニバル

070810_1 今、福岡各地で絵本カーニバルが開催されている。
土曜日か日曜日に見に行くつもりでいたのだけど、妹から火曜日に一緒に福岡に行かないかと誘われた。一人でお昼ごはんを食べるのが嫌なんだって。なのでランチの後は別行動。

天神に着いてまずはイムズへ。地下2階ではポップアップ絵本の『不思議の国のアリス』を吹き抜けを利用して大胆に演出。

同じく8階では『世界の飛び出す絵本展』。立体モノを作るのは苦手だけど、仕掛け絵本を見るのは大好き!!

ここでは年代、国ごとに仕掛け絵本の歴史を追い、製造工程や飛び出す絵本の仕組みも展示。仕組みの解説にはお持ち帰りできる展開図もあって幾つか持って帰ったけど、見本なしにこの展開図だけで作るのはわたしには無理かもしれない。

ランチの後は九州日仏学館へ。その前に寄った雑貨屋さんで場所を聞いた通りに行ってみたけど見つからず、そこにあったワインショップで尋ねる。地下鉄赤坂駅の近く、明治通り沿いだった。

到着して、ホールやギャラリーらしきものがある階へ。しかしそのフロアには人の気配がなく、ホールのドアも鍵がかかっていた。???しばしの間どうすべきか考えているとエレベーターが開き、中から絵本カーニバルのチラシを手にした女性が出てきた。声をかけると彼女も見に来たらしい。二人で一つ下の階に下りる。そこも静まり返っていた。彼女はチラシに書かれてある番号に電話して問い合わせた。もう一つ下の階だった。
しかしそこは普段からある、主にフランス語の絵本のコーナーをちょっとそれらしくしているだけで、展示ではなく子ども向けのセミナーなどのイベントが主だったみたい。
それでも同じ絵本の日本語版とフランス語版を見比べたり読んだりして30分くらいそこで過ごした。日本語だと縦書きで右から左へ移っていくページが、フランス語では逆。そのため、絵が鏡で写したように反転されている絵本もあった。

070810_2 次に本当は歩いて県立美術館→アジア美術館と回る予定だったのだけど、蒸し暑いし時間がかかりそうだったので地下鉄で中洲川端へ。先ほどの女性がアジア美術館は面白かったと言っていたので、先にその『おいでよ!絵本ミュージアム』に行くことにしたのだ。
入り口は紙で出来たトンネル、そしていきなり巨大アリの姿が。触るのも写真撮影もOKな展示で子どもはすっごく楽しめる内容、構成だと思う。ぐりとぐらの家や卵の乗り物、てんぐちゃんのうちわ、『スーホの白い馬』に出てくる馬頭琴などの展示もあり、絵本を知っていたら「わぁ!本物だー!!」って大喜び間違いなし。
タイトルは忘れたけど、夜行列車と川の絵本の原画の展示はちょっとした感動もの。ページを最初から順に横に全て繋げて並べるとひと連なりの絵になっているのだ。絵本描きというより絵描きとしてすごいと思った。
同時開催で同じチケットで見られるアジアの現代作家の作品展も見ていたらもう4時。4時50分のバスだから県立美術館へ行くのは無理。こんなことなら九州日仏学館をスルーするんだった。1日で4会場を回るという計画が無謀だったのかも。

山喜多二郎太展には行けなくて残念だったけど、飛び出す絵本展も絵本ミュージアムも面白くて満足な1日だった。

« RYUJI IWASAKI EXHIBITION | トップページ | 熱中症? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵本カーニバル:

« RYUJI IWASAKI EXHIBITION | トップページ | 熱中症? »