« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ベティス2試合

連続で放送された。嬉しい反面、ゆっくり観る時間がないのでバレンシア戦は2倍速な上に10分刻みくらいにぶつ切りで観たので本来のフットボールの楽しみ方とはかけ離れてしまった。

このバレンシア戦が今期初めて観るベティスの試合。

「あっれ~!GKがリカルドだ。」

「監督、クーペルに替わったんだ」

第4節目にしてまだ新たな事実が残っていた。ソビスとエドゥは残っていてよかったー。

ベティスのホームだったのだけれど、一番印象に残ったのはホアキンのゴール後の微妙な顔。

ソビスの粘ったシュートもいいゴールだった。でもその1点じゃ足りなかった。

マドリvsベティス

前節出ていなかったスネイデルがスタメン、途中からはロッベンも出場。

故郷でありながらアウェイでゴールを決めたホアキンの立場とは全然一緒に出来ないけど、なんだか複雑な気分で観戦。

スネイデルのFKが入らなくてホッとする辺り、チームとしてはベティスを応援しているんだなと思う。

前半、ベティスは防戦一方で攻めの姿勢が全くみられないし、ソビス以外はそれで満足している様子。前半体力を温存して後半勝負に出るつもりなのだろうかと思ってしまった。

ソビスはかなりイライラしているのが表情から分かる。荒いプレーに走らなかったら、こういうファイター大好き。チームに一人はいなくちゃね。

そして何がきっかけだったのか、前半残り10分くらいからいきなりベティスが攻めに出た。2点は入ったと思ったんだけどなぁ。ここで入れられなかったのが痛かった。

後半はマドリも動きが止まり、しばらくこう着状態が続く。その流れを変えたのがロッベンの投入。彼のドリブルからラウルのゴールも生まれた。

ソビスの切り崩しからのベティスの攻撃の流れはゴールが決まっていたら完璧だったのだけど。結局ベティスは再三のチャンスをモノに出来ず、逆にバチスタにオーバーヘッドを決められ、時間的にもこの2点目で勝負あり。ベティスのホームだったらこのゴールで観客が帰り始める映像が流れていたことだろう。

そんなに悪い内容ではなかったのに、あとひと匙で勝てたかもしれないのに、これまで勝ちがないのはそのひと匙に重要な何かが残されているからなのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

似顔絵・・・

先日、偶々知り合った財津くん。その時もちょうど個展をしていると話していた。

2週間前、また偶然別の場所で遭遇した。

24日から別府駅のB-Passage内で個展をすると聞いたので、今日、仕事帰りに寄ってみた。

そこで何故だか似顔絵の描きっこ大会になっていて・・・。そういえば最近デッサンやってないな、なんて思いながら描く。恐る恐る紙に線を置く。やっぱり描いていないと迷うなぁ。

出来上がった絵は、似ていなーい!鉛筆デッサンは得意だったんだけどぉ。ボールペンも好きなんだけどぉ、サインペンだったしぃ。なんて、ここで言い訳。

財津くんとそのお友達に描いてもらったわたしは、面白ーい!けどどことなく似ている。

いい記念になりました。

個展は9月30日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gallery sowにて

070922 平川渚さんのインスタレーション開催中。

ギャラリーって、展示物によって雰囲気が変わるのだけど、今回は特にいつもと異なっている。

展示したものを見るのではなく、その(営巣)作業を部屋の外から観察(?)する。

詳しくは・・・行って見るのが一番!

隣の展示室では森山年雄さんの写真展も開催中。こちらもめっちゃ素敵です。

| | コメント (4)

一日中PCとにらめっこ

今日は朝から、滞っていた自サイトの更新、カレンダーの原稿制作、個展に出す作品リストを出来ているところまで・・・とPCを使って作業していたら丸一日かかってしまった。

昨年のW杯ドイツ旅行記もようやく完成。もう1年以上も前のことなのね。熱が冷め切っているとは思うけど、よかったら読んでね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルバニア戦

先ほどスポーツニュースで映像を見た。

0-1ってどうなんだ?と思って。でもほんのちょっとだったので内容は分からなかった。

オフィシャルサイトのレポートを見るとオランダ、攻めるもなかなか得点には至らず、後半ロスタイムのゴールでどうにか勝ったようだ。

前回のブルガリア戦の時、気が付いてなかったのだけど、そういえばニステルくんって代表復活したのね!?(なんて遅い反応なんだ)ブルガリア戦もアルバニア戦も得点したニステルくん、戻ってきてくれてよかった~。

それにしても、アルバニア戦ではロスタイムに客席から投げ込まれた爆竹がメルヒオットの頭上で爆破したり、ポルトガルvsセルビア戦の後にはフェリッポンが相手選手をグーパンチしたり、困ったものだ。戦うのはピッチの上で、ルールに則ってのみ行って欲しい。観客の暴動や選手間の喧嘩は無益で後味が悪い。

そのためには公正なジャッジを、というところなのだが人間の目はコンピューターじゃないし多少の感情も入るかも知れないしね。それが前提でのフットボールと考えたほうがいいと思う。ボールにコンピュータ判定なんてなんとなく嫌なんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女は言った

「こんなのでいいなら私にだって描ける」。

でも多分、彼女は描かない。

何事も出来るか出来ないかではなく、「する」か「しない」か。

例えばあることに関して天才的な能力を持っていたとしても、それを為すのが嫌だったら、何も始まらないし何も残らない。

「する」か「しない」か、対極だが横に並んでいて、しかしその間には深い溝がある。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オランダvsブルガリア

あ!もう結果が出ているはずと思い出し、今、公式サイトを見てきた。

2:0でオランダ勝利。前後半1点ずつ、スネイデルとニステルくんが決めたようだ。

これで、12日のルクセンブルク戦に勝てばルーマニアと並んで首位に立つ。

来年はスイス、オーストリアまで観に行かれないので若干気持ちは沈み気味だけど、本大会でもよい結果を出して(当然出場すると思っている)、出来れば優勝してほしいな。本当は決勝を観に行きたかったんだけどな(当然決勝まで駒を進めると思っている)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしらせ

070905_01070905_02

個展のお知らせです。

ひとつぶのひかり

10月6日(土)〜10月28日(日)
gallery sow
大分県由布市湯布院町川上1835-4
10:00~17:00(カフェは11:00~17:00)
水曜定休
.

今回はベアと絵、併せて50点近くになります。その他カレンダーやポストカード等、布小物等も販売する予定です。
また、週末の土日と祝日にはちょこっとカフェもします。分かりにくい場所ですが静かでゆっくりできる所なので、お散歩の途中に作品を見てお茶を飲んでのんびりしていただけたらいいなぁと思っています。

遠方の方もぜひ、この時期に湯布院旅行を計画してみてはいかがでしょう(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

よりによって

フットボールの欧州リーグがぞくぞくと開幕。

最近フットボールから遠ざかっていたワタクシ、当然移籍関連も疎くなっていた。

先週のスポーツニュースでプレミアリーグを見てビックリ!F.トーレスがいるじゃないですか!?

そして先週から始まったリーガ・エスパニョラ。取り合えずダイジェストだけでも見ておかなくては、と録画しておいた番組を今朝見た。

「!!!!!!!!!マドリにスネイデル?!!!!!!!」思わず筆を落とした(持ってなかったけど)。

マドリがオランダ人選手を数人狙っているという噂は耳にしていたが現実となってしまったのか・・・。しかもスネイデル・・・。一時期バルサがオランダ人化していたが今度はマドリなのか・・・。

リーガでスネイデルを見られるのはちょっぴり嬉しいけどかなり複雑な心境だ。(でも初ゴールオメデト)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »