« 3戦目 | トップページ | ネクストレベルへ行け »

伝統国の強み

オーストリアvsドイツ
後半の途中から観た。???なんでスタンドに監督が?と思ったら、前半に両監督とも退席処分になったそうだ。なんじゃそら。
オーストリアはボールを持たされているでも積極的に保持しているでもなく大事にしすぎてスピードもアクションも僅かに遅い感じがした。
ドイツもそんなによくなかったから0-1のスコアは内容そのままって感じかな。

このグループはクロアチアが3連勝で1位、次いでドイツが2位。
トーナメント1戦目はポルトガルvsドイツ、クロアチアvsトルコ。

試合の中で解説者とアナウンサーが、「ドイツのような国はリーグでよくなさそうに見えてもトーナメントに入ると変わる」というようなことを言っていた。
確かにそうだと思う。
ドイツW杯の時もフランスなぞどうにかこうにかリーグを突破したようにみえたのに、気が付いたら決勝の舞台に立っていた。
昔から強豪国というのは勝ち上がり方、モチベーションやコンディションの持って行き方を知っているんだろうな。
選手が代わっても強豪国がそうであり続けるのはもちろん育成プログラムなどがしっかりしているのもあるだろうけど、「自分たちの国は強いんだ」という事実が浮き足立たない冷静さと自信になって背中を押しているからだと思う。

であるから、ルーマニアは予選で1度負けているので嫌な存在ではあるけれど、トーナメントに入って本当に怖いのはフランスやイタリアなのかもしれない。

と、準々決勝は勝つものと決め込んで、すでに準決勝のオランダの対戦国のことを妄想しているのであった。

|

« 3戦目 | トップページ | ネクストレベルへ行け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108104/41559944

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統国の強み:

« 3戦目 | トップページ | ネクストレベルへ行け »