« マドリvsセビージャ | トップページ | 名前はまだない »

大分市美術館へ

棟方志功・成田亨・奈良美智
-時代のアイコン<図像>たち-

12月21日まで

10月に始まって12月まであるのでまだ大丈夫、と思っていたけど気づいたらもう終わりそうだったので金曜日に観に行った。

時代のアイコンというのは分からなくないけど、どうしてこの3人?って取り合わせが不思議だった。

あちこちに”青森県立美術館所蔵”って書いてあるのに気が付かなかったから。あとで知って「なんだ、そういうこと」。

リアルタイム・・・ではないけれど再放送で観ていた「ウルトラマンシリーズ」、その世代といっていいわたしにとっては、ウルトラマンと怪獣はウルトラマンと怪獣そのものでしかないので展覧会の案内を見たときにはこれも芸術?とピンと来なかった。

考えてみれば映画は総合芸術という。そんな観点から見れば、そして実際それらのデザイン画を見れば展覧会として面白いものだなぁと思った。

|

« マドリvsセビージャ | トップページ | 名前はまだない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分市美術館へ:

« マドリvsセビージャ | トップページ | 名前はまだない »