« 最後は個人の技能がものをいう | トップページ | 夢を見た »

アップパイの思い出

こどもの頃(小学生くらいまでかな?)、誕生日のケーキは母が焼いていた。
ある9月7日、母は初めてパイに挑戦した。無謀にもぶっつけ本番ってやつ。そして玉砕。
そこそこ器用なので自信があったのだろう。パイ生地が膨らまなかったことがかなり悔く許せなかったらしく、翌日、小学校から帰宅するとまた新しいアップルパイが出来ていた。
しかしそれも失敗。結局、出来損ないのアップルパイを3日連続食べることとなった。
それから母は一度もパイを焼いていない。そしてわたしもそれがトラウマになったのか、今までパイだけは作ったことがなかった。アップパイ
しかし昨日、急に思い立ち生地を作った。
今日、端っこを焼いたらサックサクに膨らんだので本番。組み立てが雑だったし、表面に何も塗っていないので形と色ツヤはよくないけどふ・く・ら・ん・だ!
まだパイ生地があるので明日、母と祖母のために焼こうかな(ちょっと優越感)。

|

« 最後は個人の技能がものをいう | トップページ | 夢を見た »

コメント

うわぁお・い・し・そ・う
さすがさらさん

投稿: のうそ | 2009年3月 7日 (土) 19時26分

味はどうだか分かりませんが、とにかく膨らんだのがうれしかったです

投稿: さら | 2009年3月 8日 (日) 09時57分

お・い・し・そ~~~o(*^▽^*)o
私はいつも冷凍パイシート(-_-;)
今度はビスコッティと
アップルパイを・・・ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: あくび | 2009年3月 9日 (月) 12時36分

ビスコッティ、気に入った?
パイは多分夏に作るのはキビシイと思うのでそれまでに・・・

投稿: さら | 2009年3月 9日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップパイの思い出:

« 最後は個人の技能がものをいう | トップページ | 夢を見た »