« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

サン

0900430

お客様からご依頼を受けてロージーの妹の注文制作です。
この後、足にお名前を刺繍してお送りしました。
気に入っていただけたらいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんなのたびくま」のおさそい

LECHEvLECHEベアの里親さんへのお願いです。

cherry cherry cherry cherry cherry cherry cherry cherry

6月7日~21日、湯布院の trico cafe+gallery にて旅をテーマにした個展を開催する予定です。
その際「みんなのたびくま」と題して、LECHEvLECHEのベアたちの旅行写真を展示したいと考えています。
「たびくま」というのは、自ベアサイト(http://www.ctb.ne.jp/~sara/bear/)にて展開している写真で綴るベアの旅日記です。
そこで、ご迷惑でなければ写真を送っていただけないでしょうか。

もう既にベアたちは旅の途中にいるわけですからわざわざ旅をしていただく必要はありません。
屋外でLECHEvLECHEのベアが写った写真のデータがあれば送っていただけると大変うれしいです。
面白そうだなと思われた方はぜひ「みんなのたびくま」にご参加くださいね。

下記に要領をまとめております。

LECHEvLECHEのベアが写っている写真(1~2枚)と必要事項をメール(件名に「たびくま写真」)にてお送りください。

また、展覧会の案内をご希望の方は住所、ご氏名もお知らせください。

[必要事項]
・ベアの名前(分からなければこちらで調べます)
・あなたのお名前(本名でなくてかまいません。展示の際使用します)
・撮影場所
・あなたにとって旅とは?

締め切り:5月31日

以上、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩、一歩

やりたいこと、やらなければならないことが一時にやってくると頭の中で整理できなくなって、ちゃぶ台をひっくり返したい気分になる。

でも、そのちゃぶ台をもとに戻さなければならないのは自分だということも分かっている。

落ち着いて、少しずつでも着実に前に進もう。(時には一歩後退することもあるかもしれないけどね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい委託先

0900412

ティミー 身長:約15.5cm

半年くらい前にお取引のメールのやり取りをしてよぉぉぉぉうやく作品が出来、今回初めての納品になります。この子とモナ、ファンデを送りました。

長崎市にあるBEEPS(ビープス)さんに今日か明日には届く予定です。

お近くにいらっしゃることがあればぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

watercolors in the water

高校生の時、修学旅行で訪れた京都。グループ単位の自由行動でわたしたちが訪ねたのはなんという場所だったのか、今となっては記憶に無いのだが、通された小さな和室とそこから眺める小さな苔生した庭の記憶がずっと心の片隅にある。

その体験がその後の人生に多大な影響を及ぼしたわけではないし、具体的に何かに役立つわけでもない。しかしあの静寂の中で過ごした時間はほんの少しだけ心を豊かにしてくれた気がする。

0900410_1 0900410_2 0900410_3

昨日、本番のシチュエーションでサルキス氏のワークショップ「水の中の水彩画」のリハーサルが行われた。

聴潮閣の庭で行われるこのワークショップは、静寂の中で行われる自身との対話のようなものだと思う。

明日から、毎週土曜日に聴潮閣にて開催される。わたしは多分、25日にお手伝いに行く予定。

エンジェルになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

try and try again

try and try againキャンバスに油絵の具で描いたのは中・高生の頃。それっきり。高校ではひと通りの実技があったからだが、油絵は彫塑と並んで苦手な科目だった。

今は専ら紙に描く。その紙にも相性があって好んで使うのはモンヴァル。紙肌は好きなのに描くといまいちになってしまうのがワトソン紙。

先週、久しぶりにキャンバスに描いてみた。オイルではなくアクリルで。

やはり紙に塗るのとは感覚がまるで違う。ちょっとパニックになりそうだった。絵の描き方が分からない、なんて、高校生のとき大きな紙に鉛筆デッサンができなくて長期のスランプに陥った時以来だ。

そしてキャンバスは4、5日の間、放置された。

しかしいつまでもそうしてはいられないので月曜日、やっと筆を持った。ほんのちょっと分かった気がして、少しずつ楽しくなってきた。

できなくて呆然としていたら時が過ぎていくだけなんだ。少しでも前に進むためには筆を動かし続けることが大切なんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうすぐ始まる

『混浴温泉世界』←こう言うと必ず「え、混浴〜!?」と聞き返される。が、これは以前にも書いたけど別府現代芸術フェスティバルのこと。
昨日はアートゲートクルーズに招待されているアーティスト、サルキス氏のワークショップの説明会に行ってきた。
サルキス氏が来別中ということで、ご本人に直接お会いでき、お話を伺うことができた貴重な時間だった。難しい話はフランス語を通訳を通して日本語で。直接私たちにお話しくださるときは英語だったので半分くらいしか理解できなかったけど・・・。APUの学生さんは通訳できるくらい英語が堪能。そういうのをみていると英会話力の必要性を痛感するなぁ。
このワークショップは4月11日から毎週土曜日に開催とのこと。わたしもボランティアとして参加できる日があればお手伝いに行く予定。貴重な体験のできるワークショップだと思うので皆さんも(特に小学校高学年〜高校生くらいのお子さま)ぜひ参加してください♪

わたし自身は、色々とお手伝いしたいのだけど自分の個展が迫っているので5月は無理かな。
この時期にきて暗中模索しているので気分最悪なのだけど、フェスティバルがよい刺激になるといいなと期待して。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モナ

0900404 身長 約18.5cm

小さいとお洋服のデザインを凝ったものに出来なくていろいろと試行錯誤。

今回は裾と脇ぐりに茶色のレース、同色のリボンをセンターに付けてみました。

落ち着いた、でもこの子の雰囲気に合った可愛らしい服になったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯予選

トルコvsスペイン

前半、スペイン優勢かなと思っていた矢先、トルコが先制。

終了間際も追加点を決めそうな雰囲気。が、スペインはなんとかしのぎ1:0で折り返す。

後半、スペインはPKでなんとか追いつき・・・この辺りから眠たくなってウトウト。。。

ロスタイムにグイサのクロスに爆走リエラが逆転打。

4分というロスタイムに助かった、というより引き分けでいいやって妥協しない気持ちが勝利を導いたんだねぇ。

---

さてオランダ、同日にあったホームでのマケドニア戦は4:0の快勝(だと思う)。試合を観られないので内容は分からないんだけど、一番最初のアウェイのマケドニア戦での1失点のみであとは無失点で勝ち続けている。

マケドニア戦はカイト2点、フンテラール1点、ラフィ1点。カイト、調子よいのだね~。

それほど脅威になりそうなチームがないのでこのまま順調に1位抜けしてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »