« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

斜陽

0900629 日曜日、付き合いで地元Jリーグの試合を観に行った。メインスタンド1階中段S席。最下位vs首位。
昨シーズンの勢いはどこへ行ったのか、地元チームは未だ勝ち点一桁で低迷している。
今日も先制点を挙げ喜びもつかの間、同点、そして逆転で負けてしまった。
攻撃のバリエーションが少ない、リズムが単調、このままでは降格してしまう崖っぷち。
しかし崖っぷちならまだ望みはある。崖から転落したチームがひとつ。

ベティス。

一応、順位はチェックしていたのでとっくに知ってはいたのだけど、忙しさにかき消されていた失望感が今頃やって来た。
一度落ちちゃったら這い上がってくるのは大変だよぉ。

来シーズン、何を楽しみにリーガを観ようかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

余った材料で

0900627 個展のときに作ったパステル・デ・ナタのパイ生地の切れ端と、ポルボロンに使ったのアーモンドプードルの残り。それにありあわせの材料(バター、生クリーム、砂糖、卵、バニラオイル)でクレームダマンドを作り、パイに詰めてみた。(断面を見せないと分かんないよねー)

これ、簡単で美味しい!栗の渋皮煮も入れたらよかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました

ぼくたちは皆、旅の途中」、無事に終了いたしました。
2週間ほんとうにあっという間に日々が過ぎゆき気が付いたら最終日、ひとつの区切りにホッとしつつも名残惜しく一刻々々が愛しい時間でした。

たくさんの方々に送っていただいた「たびくま写真」に驚くお客さまを見、またベアを連れてきて下さったお客さまにお会いし、改めてLECHEvLECHEのくまたちはもらわれていった先で愛されているんだなぁって、とてもあったかい気持ちになりました。

一番奥の部屋の絵(47枚)はわたしの旅の記憶の欠片です。旧跡名勝などではなくその時の(気持ちいい、あったかい、不思議などの)感覚を表現したつもりです。
その、わたしの心の中にある記憶の一部が今回みてくださった皆さんそれぞれの記憶の一部になりお互いリンクできたらいいなと思ったのでした。

最初の部屋がカフェで奥の部屋がギャラリーと思っているお客さまも多かったのか最初の部屋の絵は素通りされてしまうことがあったり、「みんなのたびくま」について説明不足だったり、感想ノートの紙がめっちゃ薄かったり、自身の改善点や反省点はたくさんありますが、まわりの皆さまにはだただた感謝の気持ちでいっぱいです。

0900623

| | コメント (4) | トラックバック (0)

怒濤の週末

タワーナイト、混浴温泉世界のグランドフィナーレ、打ち上げ、タワーナイト、昼間は湯布院と、家には仮眠をとりに帰っているだけみたいな週末。昨日の朝がひとつの区切りになった。(あ、まだ個展のほうは今度の日曜日までありますよ)
家族や職場のみなさんにはいくばくかの迷惑をかけたんじゃないかなーと思うしフェスティバルのほうもそんなに積極的に関わっていたわけではないけど貴重な体験だった。
たくさんのひとたちに感謝

山中カメラさんが作ってくれたBonDance/BEPPU-SAITEKI-ONDO、めっちゃいい!!泣ける!!昨日は一日中、頭の中でこの曲が流れてた!!

別府の公認(?)音頭になればいいのにー!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

混沌

この2ヶ月、現代芸術フェスティバルだとか個展の準備だとかで目まぐるしい日々が続き自身の創作と大きなイベントを行き来するうちに、改めて自分は何がやりたいんだろう、アートの意味(意義)ってなんだろうだなんて、この歳になって疑問が湧いてきた。

アートイベントを企画する側はアートを何か別の目的のための一つの手段(道具)として使っている気がして、でもアーティストも何かを伝える手段としての表現なわけだから一緒なのかな、だけど根本的に何かが違う気がするし、それでも結局どれも根源は同じなのかな。そもそもアートってなんなんだ?
と、心と頭の中がものすごいカオス状態。

たびくま写真を募集した時の問い「あなたにとって旅とは?」に対して180度近く違う二つの答えがあった。皆それぞれに旅の定義が違った。同じように旅をアートに置き換えても、巨匠たちに聞いても、定義は異なったものになると思う。

きっと唯一の答えというものは存在しないんだ。一人ひとりが自分なりの答えをみつけていくものなんだ。

・・・とまぁ、いつもわたしは理論から入っちゃうんだけど結局はあれこれ考える時間があったら動けってことなんだろうな。

(なんか結論への持って行き方が強引すぎるかな)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さらカフェ復活!?

090609 そもそもがcafeギャラリーなので、ドリンクやケーキは普通にある。そこにちょこっと手作りのお菓子が並ぶだけで今回はくま耳は付けないし、メイドちゃんも無し。
旅がテーマってことでCAの制服を着ようかしら(または着せようかしら)とちらっと考えたりもしたのだけど、別にコスプレ好きなわけではないし方向性を見誤りそうだし、なにより展示作品自体の印象が薄くなってしまっては困るわけで、やめにした。
今はフルーツケーキとビスコッティ。今週末はポルボロンを焼こうかな。店内でお召し上がり、お持ち帰り、どちらもOK。

今回は、特に最後の部屋は(わたしは勝手に「感覚の部屋」とか「記憶の部屋」と呼んでいる)来て見て感じてほしいので終わるまで写真は載せません。できるだけ、写真ではなくこの場所に来てほしいなぁ・・・と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

始まりました

0900608 完売しました。

さら母作のいちご大福。

母に報告したら得意げだったのが悔しい。

さて、今日(7日)は個展初日。頑張って10時5分ごろ会場に到着したけどそれより早く、朝一番でお客様がいらっしゃっていた。誰もこないことほど寂しいものはないのでうれしいなぁ。幸先いいなぁ。

相変わらず接客は苦手で、妙な緊張感を作り出してしまうけど、ゆったりした気分で見ていただきたいという気持ちだけは満々。お客様が、感じのよい方たちばかりなので救われている気がする。

それにしても、今日いちばん嬉々として語ったのがカメラの話って・・・EADYさんにくっついて接客の勉強をしようかしら。

tricoの奥にあるgallery sowでは草木染作家EADYさんとイラストレーターMARUちゃんの個展が同時期に開催されている。すんごく落ち着ける空間とめっちゃ元気になれそうなワールド炸裂の楽しい展覧会。

ついででもいいのでワタクシの個展も観に来てね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

多謝

みんなのたびくま写真、おかげさまでたくさん送っていただきました。少なかったら自分のたびくま写真で埋めようかな~なんて思っていましたが必要なかったです。

写真、お手紙、本当にありがとうございました!!個展もぜひ見にいらしてくださいねっ!

明日は中学校で『水の中の水彩画』出張ワークショップ。

あさっては搬入→タワーナイト

そしていよいよあさってから始まります!!

眠る時間あるかなー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »