« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

にぎやかな週末

先週の土・日は友人・知人や家族・親戚がたくさんギャラリーを訪ねて下さった。
展覧会はいつも終盤にたくさんの人が訪れてくれるような気がする。

でも、なぜか昼食やお茶に出かけている時が多くて、わたしっていつも間が悪い。

土曜日も、ランチを注文した直後からに義妹や従妹から来てるとか行くとかのメールや電話。
それぞれ連絡を取って無事皆で会うことができた。

従妹と会うのはわたしも弟一家も、一年半前の彼女の結婚式以来。
なので息子ちゃんに会うのも初めて!実はDMの赤ちゃんのモデルはこの子なのだ。

集合写真を撮ったり赤ちゃんをだっこさせてもらったり楽しい時間を過ごした。

昨日はおやつを食べに出かけている間に、忙しいなか来てくれた友人とはとうとう会えずじまい。本当に申し訳ない。

OYATU CAFE、ドーナツだけでなく雑穀アイスクリームも美味しかったヨ。

『小さなうさぎの音楽会』が数カ月前のような気がする今回の個展、もうあと湯布院へ行くのは29日の最終日のみとなってしまった。
最終日も、たくさんの人に会えたらいいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湯布院を食べる

先週末も1日湯布院。

土曜日のお昼は『和食もみじ』で旬野菜と海老の天ぷら膳。
店内は落ち着いていて働いている子も感じがよく、たらの芽や筍などのまさに旬の味が美味しかった。

ギャラリーに戻る途中、いつものTAKAKURAさんでnicoドーナツ。きなこ味が一番のお気に入り。

× × ×

日曜日は久しぶりのアップルパイ
ニコルに来るのは1〜2年ぶりだけどアップルパイは4〜5年ぶりかな。早い時にはお昼に売り切れるので、午前中には滅多にこないのでタイミングが合わなかったのね。

ちょっぴり上に塗っている蜜が多くて甘いような気がしたけど、薄くてサクサクのアップルパイはやっぱり美味しい

tea room nicolの過去記事
アップルパイ→
モンブラン→

お昼ごはんの後は今月2度目のギャラリー近くのジェラート。

湯布院は温泉祭りの真っ最中で、お神楽をちょこっと見て、出店で梅ヶ枝餅を見つけて(大好きなの)温かいうちにいただき・・・

・・・あれ?わたし何しに湯布院に来てるんだっけ?


自分の個展なのになんか会場に居づらいんだよねー。いい加減慣れなきゃいけないと自覚はあるんだけどねー。自覚があっても実行しなけりゃないのと同じってのも分かってるんだけどねー。

見に来てくれたお友だちや偶然通りかかったお友だちには会えたので、いや、もしかしたらちょろっと出かけている時に来てくれた人もいたのかも?でも、ま、皆会えてるはずということにして、それはよかった、かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここからどこかへ

絵を描く人も詩を作る人も、無意識に繰り返し使うモチーフ、単語、物、があるような気がする。

自分の場合を考えた。
人物、動物、花のような意識的、直喩のもの以外でよく登場するもの・・・
タンポポの綿毛、風船、浮遊する少女、虹、光や星、
ふわふわなもの掴めないものをメタファーにすることが多いな。

他者から見たら、または相対的には自由人らしいけど、実は束縛からの脱却を夢見ているのかな。
なんの束縛なのかな。

1000416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見逃したー

最近全くといっていいほど観ていないフットボールの試合。
こないだのスペインの親善試合は録画失敗しちゃったし。

ミーハーちっくだけどとりあえずクラシコだけは押さえとこうと、早朝なのでこれも録画。
で、昨日の夕方観ようと録画一覧を見てみたら、・・・ない。
あれ〜?
たぶん今ごろ再放送があってるはず!と慌ててチャンネルを替えると案の定、放送中。
しかし既に80分を過ぎていた。
あーあ。

今期は(まだ終わってないけど)ほとんど観ないままだったな。
ワールドカップで燃焼できるかな。
オランダの状態はどうなんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートフォーラムに参加

アートフォーラムに参加
昨夜はゆふいん駅アートホールで行われたアートフォーラムに行って来た。
穏やかで和やかな雰囲気の中、美味しい食事と会話。
後半は葉っぱに文字を書くワークショップ。
わたしは一番最初に目に入った小さな葉っぱに書いた。
元々毛筆は苦手だけど葉っぱに書くのは特に難しいね。
でもみんなと見せ合いっこして楽しかった。

アートホールには沙弥ちゃんが書いた数千枚〜1万枚くらいの、彼女から日々流れ出した言葉を書き留めた葉っぱがある。

無造作に拾い上げて、読んでみる。
今の自分に響く言葉がそこにあるかもしれないよ。

葛城沙弥展
4月28日まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯布院ふたつの展覧会

先週の土曜日、お散歩途中でゆふいん駅アートホールへ。

由布院駅の待合室はギャラリーにもなっていて月替わりで様々なジャンルの展覧会が行われている。今月は書家の葛城沙弥ちゃんの展覧会。

書は全くの専門外で何がどういいっていうのは分からないのだけど、沙弥ちゃんの場合は台紙が絵画的だったりフレームがポップで女性らしく(その一見カワイイ感じと書の力強さのギャップが面白かったりするんだけど)、書が分からない人でも作品に入ってゆき易いんじゃないかなーって思う。

12日19時からは誰でも参加できるアートフォーラムが開催される。
ご本人のお話を聞くことができるし、いろいろな人と知り合えるし、堅苦しくない会なので行けたらいいな。


BLUEBALLENのすぐ近くギャラリー受け月では豚星なつみ&水川千春 「水豚-suiton-展」が開催中。

受け月はケーキとチョコレートのお店なのだけど、2階が広いcafeギャラリーになっていて、こちらもだいたい月一つの展覧会が行われている。

水ちゃんのあぶりだし、どうやって描いてるんだろう〜?制作過程を見てみたい。

こちらは24日19時からわくわく別府タワー報告会が行われるらしい。

ということで、湯布院へお越しの際はいろいろギャラリーめぐりを楽しんでね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000405 昨日は「小さなうさぎの音楽会」の日だった。

チェレステ楽団、以前CDで聞かせてもらったことはあったけど、やっぱりライブは違うなぁ。
とても澄んだ、柔らかいソプラノが聞こえてくると、ギャラリーの前は足を止めて聞き入る人だかり。
ギャラリーの中は小さな子どもたちもいっぱいで、みんなちょこんと座って聞いている姿が可愛かった。
急きょ決まったお姉さん(わたしの友だち)の紙芝居もあり、しかも彼女も歌いだしたのにはびっくり!

お天気が心配だったけど案外晴れて心地の良い午後だった。

高校生の頃は自分がずっと絵を続けて、発表する場を与えてもらえることがあるなんて考えもしなかった。
音楽家の彼女は当時セーラー服の少女だった。
お互い表現者として再会し、ある種のコラボレーションを果たす日が来るなんて、当時は想像もできなかったな。

今日出会った人と10年後どんな関わりになっているか、そのとき自分が何をしているか、分からないし、だから面白い。
出会うこと自体貴重なことなんだろうな。それを自覚しないことの方が多いんだけど、本当は大切にしなくちゃいけないんだろうね。

お知らせ

今夜21時からチェレステ楽団のお二人がOitaweb.TVに生出演する予定です。

ライブでなくてもバックナンバーでいつでも見られます。

http://oitaweb.tv/live/

追記

生放送、終わりました。今はこちらで見ることができます。

http://www.ustream.tv/recorded/5980036

演奏もありますが、音がちょっと割れているので、やっぱり生で聴いてほしいな~。

ということで、5月2日、3日は福岡市南区のナチュラルカフェ ベジガーデンにて行われるイベント「体験型アート展覧会&癒しのコンサート」でチェレステ楽団のコンサートがあるそうですよ。

詳しくはベジガーデンのブログをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日はお花見日和

1000404_1

昨年、偶然通りかかって見つけた絶景スポット。

今年はここ目指してやってきた。菜の花に囲まれた川原でお昼ごはん。

お天気もよく穏やかな一日だった。

1000404_2

最近、ドーナツの中では一番のお気に入り、nicoドーナツ。

別府にできたドーナツ屋さんも某チェーン店よりはヘルシーな感じはしたしトッピングが面白かったけど、nicoのしっとりモチモチ感とほのかな甘さがホッとする。

今日は14時からブルーバレンで無料ライブ。お花見がてら、ぜひお越しくださいませ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »