« 見逃したー | トップページ | 湯布院を食べる »

ここからどこかへ

絵を描く人も詩を作る人も、無意識に繰り返し使うモチーフ、単語、物、があるような気がする。

自分の場合を考えた。
人物、動物、花のような意識的、直喩のもの以外でよく登場するもの・・・
タンポポの綿毛、風船、浮遊する少女、虹、光や星、
ふわふわなもの掴めないものをメタファーにすることが多いな。

他者から見たら、または相対的には自由人らしいけど、実は束縛からの脱却を夢見ているのかな。
なんの束縛なのかな。

1000416

|

« 見逃したー | トップページ | 湯布院を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここからどこかへ:

« 見逃したー | トップページ | 湯布院を食べる »