« アートマーケット終了しました | トップページ | キスと頭痛と集中 »

別府・大分・日出ぐるり

1000528

今日は午後からお友だちと待ち合わせ、まずはお昼ごはんをいただきに「加とう」へ。

わたしの美容師さんが、お友だちと季節ごとに行くって言ってたお店。
元フレンチのシェフ(?)だとかでお料理も完全な和食って感じではないらしい。

いただいたのは1500円のおすすめランチコース。

蓬のスープや、スモークチーズ、パイナップルやたらこが入ったサラダなど、確かに和と洋が合わさって面白い。
てんぷらも、岩のり(だったかな??不思議な食感)だとか、味のついた(煮物かな?)ジャガイモだとか、マッシュしたさつま芋だとか、変わったものが色々出てきて楽しい。

デザートのしょうがのムースはしっかりしょうがの味!文旦シャーベットも味が濃いけどさっぱりしていた。

最初から最後まで30分くらい。結構ペースが速くて一気に食べ上げた感覚。

予約しておいたほうがいいと何かに書いてたけど、入店したときは他に1組だけだった。

その後のカフェもだったけど、平日の昼間って空いてていいな。

「加とう」を出て向かったのは日出町にある「パン工房 ぼん」。
知り合いの情報通の知り合いが美味しいといっていたパン屋さん。

普通の民家っぽくて分かりづらいと聞いていたのであらかじめ場所を調べて頭にインプット。
確かに分かりづらい。民家っぽくて分かりづらいというより、通りからまったく見えなくて知らないと気がつかない!

おばちゃんが一人で切り盛りしていて、パンの種類はさほど多くないのだけれど・・・っていうかおばちゃん「食べていいよ」って。いいのかな。また買いに行くね。
車が敷地を離れるとき、ものすごい勢いで手を振ってくれた。

ビューンと庄の原まで飛んでanneau cafeへ。

途中、亀川の「帽子がたくさんある古着屋さん」に行きたかったのだけど、さすがにそれっぽちの情報ではたどり着けなかった。

アノーカフェはお部屋全体が螺旋ぽくって面白い作り。インテリアの配色がよかった。
貸切状態だった。

〆は大分の雑貨屋さんと別府の雑貨屋さん。大分で普通のグラスを買って別府でイランの手吹きグラスを見て「こっちを先に見てたら・・・」と二人で後悔。

ま、何事も出会いとタイミングですな。

|

« アートマーケット終了しました | トップページ | キスと頭痛と集中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別府・大分・日出ぐるり:

« アートマーケット終了しました | トップページ | キスと頭痛と集中 »