« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

NHK杯

いつもは12月の最初の週末に行われていたのに今年は早いなと思ったら、今回はグランプリシリーズの1戦目なのだそうだ。

だから、なのか女子シングルの出来は真央ちゃん以外もみんなあまり良いとはいえなかったな。
ほぼ皆調整不足な感じがした。
ゲデバニシビリ、フリーはがんばってたみたいなのに放送されなかった。見たかったのに。

男子シングルはまた面白そうな選手が出たね。フローラン・アモディオ。フランスは個性的な選手が時々出てくるね。クラシック界に突如ストリートが飛び込んで来たみたいだった。

高橋選手のショートは笑ったー。コメディ漫画に出てくるコテコテのラテン系ダンス講師みたいな風貌で。
でもヒャーとかヒューとか女子の歓声?溜め息?がすごくて、それにも笑った。
本人もそういう熱くて(暑苦しくて?)濃いキャラを楽しんで演じているのがよかった。

羽生選手のコスチュームはジョニーっぽくて、後ろ姿がチラっと映ったとき「あれ、ジョニー出てんの?」って思ったくらい。で、そのコスチュームデザインをジョニーがやってたのね。道理でね。

それにしても10代半ばの選手も最近はずいぶんと大人っぽい演技をするようになったもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彫り彫り

1001026

週末はひたすら(・・・でもないか。絵も描いてた)消しゴムはんこを彫っていた。
木版画の方が味があるかもしれないけど、彫刻が苦手なわたしに細かい彫り物を木で行うことは容易ではなかったので比較的安易な消しゴムはんこ。
それでもかなり時間がかかった。3つの版を作るのに7〜8時間くらい。
これを布に印刷する。

今度の日曜日、10月31日に大分市の帆足本家酒造蔵にて『作家蔵』というイベントがある。これは、そのイベントに出展する作品用の版。

『作家蔵』は中戸次にある酒蔵を使い春と秋、年に二回開催されている。
毎回、酒造りに沿ってテーマを決めており、6回目となる今回のテーマは「麹」。
今までは1日のみのイベントだったけど、今回はこの地域で行われている『よいやかがり火』と連動して開催され、展示が1週間に延びた。

今度の日曜日は芸術の秋を満喫しに来てね〜♪

31日のみ入場料1000円(中学生以下無料)、音楽ライブや演劇があり、お土産付き。

作品展示 10月31日〜11月7日

11:00〜17:30(最終日は〜16:00)

『作家蔵』オフィシャルサイト
http://www.sakkagura.com/

にほんブログ村 美術ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どこに労力を使うべきか

1001024_01 今週末は制作に明け暮れた。

その前の金曜日、ビーコンプラザに大分の美味しいものが集まると聞いたのでお昼過ぎに行ってみた。

平日にどの層をターゲットにしているんだろう。たいして人が来ないんじゃないかな、なんて、時々行く県や銀行が主催の企業向けイベントをイメージして行ってみたら、エントランスに長蛇の列!!!

これ見た瞬間、ちょっと後悔。美味しいもののためなら何処まででも飛んで行く根性はあるけど、行列に並ぶ忍耐は無い。それでもせっかく来たのだからとちょっと耐えてみることにした。
中が混雑しているからチケット販売を一時休止しているんだと。20分ほどしてようやくチケット販売が再開した。

みんなどこからこんなイベントの情報を仕入れてきてるんだろうね。

5枚綴りのチケットを二人で1枚買っていざ会場へ。

1001024_02

会場の中は更にものすごい数の人
どこのブースの前も行列が出来ている。

とりあえず中津からあげに並んで、その間買ってきてもらった杵築の臥牛ソフト(紅茶のソフトクリーム)を食べ、結局からあげを買うだけで1時間。何度もそんな行列に並ぶ気力がないのでここで2枚使い、残りの1枚は一番空いてそうな湯布院のポトフ(なぜ湯布院がポトフなのか謎だけど)を買った。この間どんどん売り切れのブースが続出。
食べたいものっていうより手に入るものをとりあえずって感じになってしまった。

後ろに並んでいたおばちゃんはチケット2枚(10食分)を握り締め、「こんなにどうしよう・・・」って途方に暮れていた。

払い戻しはしないって書いてあったけど1枚使うのに途方も無い時間がかかる上、あちこちで品切れになっていてたので使い残しは払い戻しをしますってアナウンスが流れてた。
なんだか色々不慣れな感じがしたので、これって初の試みなのかな。

いただいた料理は、まぁ美味しかったけど、きっと現地へ行って食べるべきなんだなと思った。

1001024_03

ちなみに来場者の投票の結果、グランプリは津久見のひゅうが丼に決定したようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗の渋皮煮

栗の渋皮煮
毎年、この時期になると母が作る渋皮煮。今年はこれが最後。

何度も水を替えて、煮含ませて、2〜3日かけて作る。隠し味が決め手。

ばあちゃんちに度々取りに行ったり、安くていいのを見つけては買ってきたり、多分毎年10kg以上は作ってる。
お世話なっているご近所さんに配ったり、冷凍保存したり。

一緒に住んでいると、自分で作る必要がないので、何度聞いても覚えない。
やっぱり手を動かさなきゃ覚えないよね。梅干ししかり。

母の味は、わたしの友だちが引き継いでいるはずだから、実家を離れることがあればどちらかに習えばいいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第10回大分アジア彫刻展

1001016_01 森くんの作品が優秀賞を受賞したというので、昨日は「第10回大分アジア彫刻展」を観に朝地町にある朝倉文夫記念館を訪れた。

今回は10回目ということで、いくつかの記念事業が行われており、その中のひとつ「まちじゅう・ちょうこく・フェスティバル」の作品が、記念館への道すがら、駐車場の辺りなどに展示されていた。

1001016_02 彫刻展には入選作品以上の作品が展示されていて、作品コンセプトなどが書かれた紙を受付でいただいたのだけど帰るときに気づいたので、それを見ながら作品を観たらもっと楽しめたかな。

同時開催の「全国こども彫刻展」の作品も楽しかった。当たり前かもしれないけど上手な子は何歳でも上手なもんだね。

1001016_03

「アーティスト・イン・レジデンス」で、来場者が陶板に絵を描き、それを集めて1つのモニュメントを作るということで絵付けの体験もしたよ。いきなり描くのは難しかった・・・。

記念館や文化ホールはこじんまりとした建物だけど敷地は広く、今までの優秀賞以上の作品が点在していた。
森くんが学生の時にグループで優秀賞を受賞した作品もあった。

1001016_04 平日ということもあってか来場者が少なく夕暮れ時の敷地内をのんびり散歩するのもなかなかよかった。というか、ここはそれがいいのかも。

にほんブログ村 美術ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人時間

昨夜はMulti CultiでPort of Notesのライブ、"まちのおと"TOUR大分公演。

もう、第一声でやられた。

ギターもボーカルも柔らかく軽い感じだけどフワフワはしてなく相反するようだけど情熱的。

久しぶりにプロで大人なライブだったな。

全部じゃないけど、英語の歌詞の日本語訳や背景などもトークに織り込んでいるから、よりいっそう深く味わえた。

お二人ともわたしより若いけど、今まで積み上げてきたものがここにあるんだな、自分いままで何してきたんだろなんて、ちょっと、反省したり。

とにかく、いいライブだった。(簡単にまとめすぎ?)

次は10月30日の山内愛ちゃんのライブだー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エステ体験

オンパクが新たに始めた体験セレクトギフト『ココロクルギフト』のモニター募集に当選しました。
この「ココロクルギフト」、送り主は品物ではなくチケットと体験コースのカタログをプレゼントしたい人に送ります。
送られた側は、例えば食事、例えばパン作りや器作りなど数あるコースの中から希望の体験を受けることができるのです。

1001010_01 わたしがいただいたのは「ゆらりコース」のペアチケット。こういうのでなければ、なかなか行かないだろうなと思ったエステのコースを選択しました。
気になるコースを提供しているサロンをネットで調べて、決めたのは「アロマ&エステ・メイク Princess」の「アロマボディースタンダード」。エステ体験のない母と一緒に行ってきました。

一人80分のコースなので二人いっぺんにとなると3時間ほど。前日に予約をいれましたが、希望していた午前10時は難しく午後7時からになりました。結果的にゆっくりできてエステの後はそのまま就寝でよかったですが、夜遅くまでになりPrincessさんにはちょっぴり申し訳なかったです。

場所は鉄輪、谷の湯のすぐ近く、湯煙がもうもうと上がっているまっただ中にある立派な日本家屋。そういえば昨年の夏、『混浴温泉世界』のディレクターズツアーでこの辺りを歩きました。真夏はマグマの鼓動を感じる場所です。

Princessの大原さんは経歴を見てもっと年配の方かと思っていましたが(ごめんなさい!!)私と同じくらいの年代の方でした。

最初にレモングラスティーをいただきながらカウンセリング、マッサージに使うのはスペインのオリーブオイル。これに3〜4種類のエッセンシャルオイルをブレンドして使います。
ここで母が「(人工的な)香りの類は苦手だから・・・」とトンでも発言。バラが好きでしょう?とローズのエッセンシャルオイルを試してもらったら「あ、これはいい匂い♪」ということでホッとしました。

フランス・ベルギーのオーガニックなエッセンシャルオイルを使用しているということで体にも安全だし、香りも、私が使っているものより穏やかで上品でした。
わたしが選んだのはローズ、グレープフルーツ、レモングラスの3種類。これに加え、施術中に焚くお香を4種類の中からセレクト。わたしは蓮の香りにしました。

1001010_02 約20分のバスタイムの後、ベッドにうつ伏せになり背面からマッサージ開始です。オイルをたらす前に軽くウォーミングアップ。
指圧のようにグイグイ揉むマッサージと違いオイルで滑らすので揉み返しもないし、圧力が丁度良くて気持ちいいです。

カッサマッサージでカッサ板を腕に滑らすと良くないところはゴリゴリした感じがあるのですが、肩こりが酷いわたしは、肩や背中を大原さんの手が滑るとそれと似た感じでものすごくゴリゴリしているのが分かりました。
母は肩こりが全くないと言っていましたが、本当に何にもなかったようで「娘さんと全然違う!」と大原さんがおっしゃっていました。

1001010_03 1001010_04

肩から足の先まで終えると次は仰向けになって足とデコルテ、目の上、頭のマッサージ。
「終わりました」って言って欲しくなかったです。あ〜毎日でも通いたい!!

母もとっても気持ち良かったらしく途中で眠り声をかけられるまで記憶がなかったそうです。

1001010_05 施術の後はお茶とお菓子をいただきました。マンゴーゼリーとココナッツマカロン。
湯布院の玉の湯でパティシエをされている方から作っていただいているそうです。どちらも美味しかったです。
写真右下のおしぼりはお友だちのお手製だそうです。

最後は駐車場までお見送りしていただきました。

こんなギフトをもらえたら面白いし嬉しいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日・記念日入りカレンダー

職場では制服を着用。
最近、スカートのウエスト部分がきつくなってきたので自転車通勤をやめ、片道25分ほどを歩いて通っている。

一人でいる時は考えに耽ることが多く(そのせいで小学生の時、歩いてピアノの稽古に向かっていてハッと気付いたら目の前に電柱が迫っていてあと1歩でぶつかるとこだった、なんてこともあったくらい)、歩いていると、自転車の時より考え事に没頭する時間が増る。

先日も、9月は誕生日の友人が多く、いつもお世話になっている人たちに何かプレゼントしたいなと考えながら歩いていた。
『今年は、来年のカレンダーを早い段階から準備して作ったので、カレンダーにしよう。何かサプライズがあったらいいな。そうだ、誕生日に名前を入れよう』

そこから誕生日・記念日入りカレンダーを販売することを思い付いた。
委託販売先でそれをするのは色々と大変そうなので、webショップでのみ実施中。

カレンダー2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの二人展

先週の土曜日、GALLERY BLUEBALLENの展覧会を見に行った。
今回は1階も2階も二人展。どちらも雑貨屋さんぽい感じ。

タナカサトルくん(なぜかいつもフルネーム呼び)はsowでやったときはインスタレーションっぽい感じもあったんだけど、今回は新井くんとのバランスでかな、小物中心。どちらの作品も手のぬくもりを感じさせる。
コラボっぽい作品もあった。

ギャラリーでふたりで一緒にやるんだったら、こういうお店屋さんっぽい感じじゃなく、二人の作品と空間に緊張感を持たせたインスタレーションをやってみても面白いんじゃないかな。
展示・販売だったらアートマーケットでもできるもんね。

新井真之×タナカサトル
二人展 木と器
10月2日〜10月31日

2階ではイラストレータのakikoさんと編み物・織物作家のcommuneさんの二人展。

akikoさんの作品は一目でそうだとわかるスタイルができてて、いいなぁ。紙雑貨が中心の展示だった。

communeさんはハジメマシテだったけどほかのお客さんの接客をしていたのでお話しすることができず、作品もゆっくり見られず残念。カラフルな糸の組み合わせが面白い感じがした。

commune+akiko
わたしの部屋

10月2日〜10月15日

にほんブログ村 美術ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くったりさん

101005 メリー・ジーン
15.5cm
久しぶりにダブルネックジョイントの子を作りました。
ダブルネックジョイントを知らない方は首がカクカク動くので「壊れてる!?」とか「外れそう!」と思われるようですが、強度的には普通のジョイントとかわりません。
この子はおなかも綿をゆるく詰め、ガラスぺレットを入れているのでくったり柔らかい感じで適度な重量感もあります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネオ・ビストロ

金曜日、お友だちを誘って大分の中心部に最近出来たフレンチのお店でランチ。

ビストロらしく(?)ボリューム感があり、一つひとつ丁寧に作られていて美味しくて満腹。追加料金で3種盛りのデザートもつけられるのだが、残念ながらお腹いっぱいで断念した。

メインはお魚とお肉を選べるが、メニュは一つだけなのでこの価格(\1,260)で提供できるのだろう。接客も丁寧で感じがよく、また訪れたくなるお店。

大分はイタリアン・・・というかパスタとピザのお店は多いが、ビストロやブラッスリーのように気軽に味わえるフレンチ(しかも美味しい)は少ないので嬉しい。

ただ、最近ブログ等の発達・浸透の弊害なのか、よいお店はお客が集中し飽和状態になってなかなか入れない、買えないことが多くなってきたので、無駄だと思うが気に入ったお店は店名を伏せるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »