« 米澤知子・陶器展 | トップページ | 食後の… »

あかりのイベント

6日は作家蔵の展示が続いている帆足本家の酒造蔵で『灯幻響』という音楽イベントが行われた。

灯籠の灯りの中でよい雰囲気。

20代の頃はロックだとかR&Bが好きだった(今も好きだけど)。けど、実はジャズも好きなのかもしれないと思った。

蔵を後にして次に向かったのは臼杵。

1001108_01 17時過ぎに到着した時にはもう竹宵に訪れたお客さんでいっぱい。わたしたちもその人並みの中へ。

あちこちの細工を施された竹の灯りを眺めながらまずは腹ごしらえ。ふぐ雑炊(温まった〜!)、太刀魚のぐるぐる焼き(正式な名前は忘れちゃった)、鯛の押し寿司(美味しかった〜♪)などなど頂き、般若姫行列を待ち、いざ竹灯り見物!の時には20時を過ぎていて消灯は21時なので1時間足らずのそぞろ歩き。

1001108_02

1001108_03

真光寺は名物なのか、ものすごい行列で断念。たしか昨年も外からチラっと見ただけだったような・・・。

1001108_04

今年は色つきの和紙のぼんぼりも綺麗だったな。

1001108_05

今年も火の玉(?)が見られて満足。

1001108_06

1001108_07

翌、7日は作家蔵展示の片づけ、の前に『よいやかがり火』のイベントを楽しんだ。蔵の中でお抹茶とお菓子を頂き、外に並べられた竹と子どもたちが描いた灯籠への点灯式、そしてジャズのライブ。たぶんほとんど地元の人たちが集まって大盛況だった。

人を集める、何かを興すってかなり大変なこと。『うすき竹宵』も『戸次よいやかがり火』も町の人たちの熱い思いがイベントを動かしてるんだろうな。

同じ時、別府では『千灯明』が開催されていた。

晩秋は灯りが恋しい季節なのかな。

1001108_08

|

« 米澤知子・陶器展 | トップページ | 食後の… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あかりのイベント:

« 米澤知子・陶器展 | トップページ | 食後の… »