« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ハナショウブ

110628_01 先週の土曜日の夕方、神楽女湖にハナショウブを観に行ってきた。

110628_08

七部咲きだそうで。

白から紫のバリエーション、ほんの少しの黄色。数十種類の菖蒲がランダムに咲いている姿は美しかった!

一番奥には見本園があって、品種ごとに列になって植えられていた。

一部ご紹介。

110628_02 落下の宴(肥後)

菖蒲にも八重咲きってあるのね。ゴージャス。

そして、どれも品種名がすごいのよね。

バラの花は人の名前が多い気がするけど、ハナショウブはそのほか光景だとか事象だとかが多い。

誰がどうやって決めているのか気になる。

110628_03

千代の春(江戸)

八重とか霜降りみたいなのとか色々あるけど、こういうすっきりしたシンプルな花や淡い色1色のものが好み。

他に「神代の昔」、「巌の錦」、「暁の海」、「長井小町」、「桃源」、「獅子怒」、「蛇龍波」なんて名前の品種も。

110628_04

茶々姫(江戸)

可憐で美しい。

姫様の名前が付いたものもいくつかあった。

110628_05

こちらはノハナショウブ

これが原種だ。

そうそう、これよね、「ショウブ」と聞いて思い浮かべるのは。

この花を頭に描いて来たので種類の多さにびっくりしちゃったのだ。

110628_06

蕾。絞り染めみたい。

花の造形って見れば見るほど不思議・・・。

110628_07

爪紅

白い鳥が飛んでいるみたい。

立ち上がっているところの縁だけがうっすら赤紫色。これも好き。

2時間くらい観賞して、おたまじゃくしやイモリを観察して、帰る頃には小雨が降りだした。

車に戻って別府に戻る頃にはどしゃぶり。

タイミングがずれてたら風流が吹き飛ぶところだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘い誘惑

プールヴー 最近、暑くなってきて代謝が落ちたからか、順調に増える体重。

4ヶ月かかって頑張って落としたのに4日で逆戻りしそうだったので、最近は控えめにしていた甘いもの。

でもねぇ、せっかく福岡まで来てそれを厳格に守るのもナンセンスってなわけで、お久しぶりのカフェ・プールヴー。

グレープフルーツとパイナップルのタルト、グレープフルーツのソルベとフレッシュフルーツ添え。

美しくて美味しい。

でも紅茶が、アールグレイとダージリンからしか選べないのが残念。スイーツに力を入れているならば紅茶もそれに合うアッサムだとかクセのないディンブラだとかがあったらうれしいんだけど。

110626_02 帰る前に、なぎちゃんオススメの「ラ・フェ・ブルー」にも寄ってみた。

ココナツプリンと、シュークリーム「千代の華 おとこシュー」(ダジャレですな)をお買い上げ。

どちらもくどくない甘さでペロリ。

結局、福岡では甘いものしか食べなかったな・・・。

110626_03

夕暮れは一番好きな時間。

110626_04 すっかり暗くなって日田の辺りを走り抜けているとライトアップされた滝を発見。

これが慈恩の滝なんだね。

聞いたことはあったけどしっかり見たのは初めて。

怪しく光っているけど、実際はここまで緑色に照らされてはいない。

水煙がすごくて、涼みに来るにはいいかも!

時計回りに滝の裏を通って一周すると縁起がいいんだって。

願いが叶うとかじゃなくて漠然としているところが適当な感じで笑っちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日までです!!

110625

平川渚 展
「カリソメの糸」

昨日、見に行ってきた。

金と銀と黒で構成された、立体構成。

ギャラリーは通りに面してガラス張り。そこで編み続ける彼女の姿。その空間と時間、営みを見せること、見ることが作品となっている。

今まで彼女が制作してきた場所は生活感を感じる古い建物などの場所が多く、作品も有機体のような印象があった。
このような無機質な場所ですると作品もシャープな感じがする。

場所の力でそう見えるだけではない。

それはきっと彼女の、場の空気を感じ取る嗅覚が優れているからなんだと思う。

6月25日(土)18:00まで

ヴァルアートスタジオ

福岡市博多区千代4-12-2

18:00から1品持ち寄りクロージングパーティ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

キャンドルナイトin黄花樹

今日は一年で一番夜が短い日、夏至だった。

最近、「キャンドルナイト」というイベント・・・というか運動?をよく耳にするようになった。

"でんきを消してスローな夜を"

夏至・冬至の夜の2時間をろうそくの明かりでのんびり、静かな、いつもと違う夜を過ごしましょう、ということらしい。

そういえば2年くらい前、母と二人でろうそくに火を灯し、ぼや~っとしているうちに二人とも眠ってしまったことがあったなぁ・・・。

110622_01

「ハーブガーデン黄花樹」で行われたキャンドルナイトのイベントに行ってきた。

手作りのスモークベーコンやスモークチーズ、自家製オリーブをいただきながらワイン片手に芳賀くんの弾き語り。らんたんの灯と庭のハーブの匂い。

ゆっくりとした非日常を楽しませてもらった。

110622_02

「ハッピークリエイトルーム」竹川さん制作の牛乳パックを使ったエコらんたん。

中学校などの授業に取り入れてもらう活動をしているそうだ。

牛乳パックからこんな繊細な図柄が切り出されるなんて!このようならんたんが100個くらい灯っていた。

110622_03かなり広い庭に手入れされた様々なハーブが植えられていた。

葉っぱを触って指についた匂いをかいで歩いてたら混ざってよくわかんなくなってきた

けど、どれもすっごく強い匂いがあってフレッシュなままハーブウォーターにしたりお茶にしたらいいだろうなって思った。

今度は昼間にゆっくり来たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきもの

110621

先日、スリランカのヤシ蜜をいただいた。

とろりとした琥珀色でメープルシロップみたい。

調べてみたら椰子の蕾の根元を切ったところから出てくる液体なのだそう。

味も蜂蜜よりはメープルシロップに近いコクのある甘さ。

ヨーグルトにかけて食べるとおいしいんだって。

水きりヨーグルトにかけたら素敵なデザートに変身。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベア

110619

カスタード色の子が出来上がりました。

これからしばらく、一旦ベア作りはお休みして絵に集中しようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーキット

110616_01

先日、スーパーで袋入りのカレールーを見かけて、なんだか無性にココナツミルク入りのカレーを作りたくなった。

そう思ってスーパーの食品棚を見ると、最近は昔からある箱入りのカレールーだけでなく実に様々な商品があるんだなぁ。

そんな中から手にしたS&Bの「ケララカレー」。

一鍋分(4~5皿分)のカレーキットで、<炒め用スパイス・煮込み用スパイス・煮込み用ブイヨン・粉のカレールー・仕上げ用辛味スパイス・仕上げ用香りスパイス>が分かり易く小分けされて箱に入れられている。仕上げ用スパイスの加減で辛味を調節できる。まるで小学生向の雑誌などの付録に昔あった、工作キットみたい。プラモデル的でもある。

材料のうち生鮮食品は自分で用意する。
作り方にあったセロリとリンゴが家になかったので代わりにトマトを入れた。ほかにリンゴや梅やイチジクのジャムも自家製なので砂糖分が少ないからチャツネ代わりになるかな、と。
弱火で煮たので手羽元は骨から簡単に身がほぐれるほど柔らかくできた。
いつも家で作っているカレーとは違いスパイスの香りもよくて満足できるものができた。

今回は玉ねぎを自分でよーく炒めたしジャムを使ったので購入には至らなかったが、スーパーにはオプション用のあめたまやチャツネ、ガラムマサラなどが使いやすい小袋サイズでずらっと並んでいた。
なんだか、すっごく感心しちゃった。

諸外国事情は知らないけれど、温めるだけみたいなレトルトとか缶詰は様々な種類がある。でもこういう本物っぽいものを簡単に作られるキットのような類に関しては日本は非常に発達しているんじゃなかろうか。こういう手取り足取りな親切って日本っぽいし、(日本人は家庭料理の技術力があると思うので)キットだと"作る喜び"満足度も高い。

110616_02余ったココナツミルクをアイスクリームと缶詰のパイナップルと混ぜて作ったアイス。カッテージチーズでもおからでもありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セーラー服

110612_2

セーラーカラーの洋服が好きですが、ベアに取り入れたことはありませんでした。

出来上がったこの子を見た瞬間、セーラー服を着せたいっ!てビビビッときちゃいまして・・・

白に紺というのは合わなそうだったのでナチュラルリネンにブラックのカラー、透け感のあるパープルのリボンをタイに。

スタイル的には夏ですが、雰囲気は全然夏じゃぁありませんね。

でも気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曜日の夜

110611_01

昨日の写真は、説明するのも野暮というものだが蛍である。

日出町で1000匹くらい見られるというので行ってきた。天気予報を見ると雨が降らないのはこの日くらいだったから。

行くまでは、写真は(どうせたいしたものは撮れないだろうし)ほどほどに、風流を楽しむつもりだった。だったのに、どうでもいいところで負けず嫌いなワタクシ。上手く撮れないと悔しくてついついシャッターを押すのに必死になってしまう。

この日、シャッタースピード8秒っていうのを見つけたので昨年よりは「っぽく」撮れたかな。でもやはりコンデジでは勝負できないわね。

来年もし観に行くことがあればカメラは持って行きません!

という心積もりで・・・。

さて、そんなこんなで蛍を見た後は杵築でアナゴ釣り。

釣り初心者、アナゴは初挑戦。といってもえさ付けその他ほとんどやってもらったんだけどね。竿先の鈴が鳴って釣り上げる、おいしい所だけさせてもらった。

1匹目は結構大きなアナゴがかかったのでちょっと欲が出てきたけど、2匹目3匹目と段々小さくなっていく・・・。

アナゴはまださばけないので料理は母にやってもらった。

折角もらった命だから無駄にしないようにとなるべく骨に身が残らないように下ろしてくれた。

さばいて開いて串に刺して蒸して、うなぎのたれを付けて焼いて出来上がり。

言うまでもなく、美味しかった。

110611_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高名な

書家の先生の作品です。

110610_01

110610_02

お次は抽象画の大家の作品です。

110610_03

110610_04

いかがでしたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »