« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

ハギレとレジンでストラップ

120730_1

イラストやベアの写真を加工して作ったアクセサリーと端切れとレースとくるみボタンで作ったタッセルを組み合わせたストラップを作った。
これは浜松市のNUWさんに納品。

今週末からは大分市のCountry Marketさんで『第2回オープンアトリエ』が開催される。
また参加するよ~。今回はワークショップも計画しているので夏休みの工作に、ぜひ!!
詳しくはCountry Marketさんのブログをどうぞ~。

120730_2
「ハギレでチャーム作り」は↑こんな感じ。これは姪っ子2号(小学4年生)が作った。
縫ったり難しいことはしないので小学校低学年でも作れるはず。
「メモ帳づくり」の見本はまたそのうち・・・
ちょうど七夕祭り開催中、ぜひ遊びに来てね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました!

報告が少し遅くなってしまいましたが、アトリエ トロワさんでのグループ展が終わりました。
終わってもう1週間過ぎたのね。時間の流れって早いね~。

120722 今回は会場に行けずじまいだったのでアトリエ トロワさんからのメールや画像で、「あー始まったね」とか「今日で終わりだね」とか「こんな風に展示されたんだね」とちょっと実感が湧かないまま作品が戻ってきました。
でもアトリエ トロワさんのそういった細やかな配慮のおかげで安心してお任せすることができました。

ということでたいしたご報告ができないので、今回のグループ展に参加されて実際会場に行かれた大橋マミ子さん(とっても瑞々しいタッチで動物を描かれる方です♪)が丁寧な記事を書かれているので、そちらをリンクさせていただきました。
ぜひごらんくださいませ~

大橋さんのブログ→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サバコ展

120717

どうにか最終日に間に合って、滑り込みで見に行けた!

最初にUFOを作っているって聞いたのはいつだっけ。ついに完成したんだ!!

朝倉文夫記念文化ホールでの展覧会は昨日まで。サバコさんのこれまでの集大成ともいえる個展だった。

写真のポルチコの後ろに写っているのがUFOのほんの一部。中に入ることもできるんだよ。内部は外部をシャットアウトした神秘空間になっていて、日名子さんが作ったサウンドがその雰囲気にピッタリで、振動して伝わってくる感じもよかった!

展覧会は残念ながら昨日で終わったけど、UFOは秋まで見ることができるそうなのでぜひ見に行ってね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日からです!

120616_27 再度のお知らせ。

日本橋のアトリエ トロワさんでのグループ展、いよいよ明日から始まる。わたしは結局S0号の新作2点と旧作2点を送った。それとポストカード3種類。

作品数が限られているので作品集も送った。置いてあるはずなのでそちらもぜひご覧くださいまし。

今回は初めての場所だし行くこともできないので、どんな雰囲気なのかすごーく気になるのだ。もしこのブログ見てて行かれた方があれば教えてね!

illustration exhibition<アニマル&キャラクター>

[参加作家]
上原梨奈/さら/大橋マミ子/vancola/浜田ゆみ

7月11日(水)~14日(土)
11:00~19:00(最終日は16:00まで)

Atelier trois
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第2イノウエビル301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんまるぱん

120708 バターも砂糖もミルクも入れてないけど、塩麹と酒粕と全粒粉入りのレーズン酵母パン。

ほんのり甘くてしっとりモチモチおいしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイナル

ユーロ2012
スペインvsイタリア、4-0

今年のスペインには今までみたいに優勝するような勢いみたいなものが感じられなかったけど終わってみれば、結局スペインが強かった。
イタリアが1人減ってからは大味になってしまったけど攻めの試合で面白かった。

イタリアのあのけがは不運だったけど、早々に札を切ってしまった監督のミス、かな。(←早朝は音を極小にしていてほとんど聞こえなかったので夜にちょっと見返したら、イタリアは怪我人続出だったんだね)

今回は試合が終わって選手はみんな、託児所のお迎えみたいに自分の子どもを呼びに行ってたね。なんだかほのぼのムードで面白かった。

イタリア選手の悔し悲しそうな顔を見ていたら2年前のオランダを思い出して切なくなった。

終わってみれば、今年のユーロも楽しかったよ。オランダの記憶を抜けばね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »