« いよいよ明日まで | トップページ | 太宰府天満宮へ »

『こどもじかん』報告

新天町のギャラリー風での個展『こどもじかん』は無事終了しました。
ご来場いただいた皆さま、お手伝いくださった方々、気にかけてくださった方々、本当にありがとうございました。

ざざっと一週間のあれこれをご報告。
今回の個展はちょこっと休憩の時はオーナーさん夫妻が交代してくださいましたが基本的に自分で応対しなければなりませんでした。それもあって、ご来場者さまのほとんどの方とお話しでき、またギャラリーと認識して来られる方がほとんどだったので「あなた誰?」的にちょっと引かれるというようなこともなく濃い一週間となりました。

初日は朝4時前に起きて5時に自宅を出発、7時半に着き40分ごろから搬入。
今回は絵が45点くらい、ベアが最終的に12点、それにミニパネルやポストカードなどもあり、かなりのボリュームだったので、オープン時間の10時30分ギリギリまでかかって展示をしました。

それから閉廊の19時30分までの長かったこと!!!
でも初日から作家仲間が来てくれたりたくさんのお客さんが来場してくださり、やはり福岡の人の多さは半端じゃないななんて思ったり。

120130314_1

1週間の滞在なので経済的にホテルは無理!ウィークリーマンションも光熱費や清掃費など色々加算されるとそんなには安くない。調べた挙句、昨年できたばかりのゲストハウスを見つけてそこに宿泊することにしました。
ドミトリーなのでそういうのが苦手な人には向きませんが、いろんな方とおしゃべりしたり、わたしは楽しく滞在できてここにしてよかったです。
オーナーさんもとてもよくしてくださって、1階のラウンジにあるホワイトボードは個展DMや新聞のコピーやポストカードでだんだんと埋め尽くされ、宿泊される方たちにも個展の案内をしてくださっていたので、そういう方々も見に来てくださいました。

120130314_2

120130314_3

場所がらか、年配の方が多く、またご自身も絵を描かれるという方も多く、そういった方々のお話の聞き手になることも毎日何度もありましたが、時にはドスッとくるアドバイスやこれからのヒントになるお言葉もいただきました。

120130314_4

あ、そういえばベアを3体忘れて来ちゃったんですよね~。
「なんか足りない・・・あ!先週カントマに出した分まるまるどこかに置いてきた!!」
でもどこにあるのか全く記憶を失っていて、それでも母に電話してどうにか見つけてもらい、すぐに宅配便で送ってもらったので翌日には並べることが出来ました。
ポストカードも予想を超える数が出ていき、3日目にして足りない予感。相方が追加で持ってきてくれて助かりました。
↑の写真、ベアコーナーがちょっと淋しいでしょ?
↓追加を並べてこんな感じ。残り1体は期間中作り上げて土曜日には出来上がりました。

120130314_5

120130314_6

120130314_7いつも感じていることだけど今回は特に、人のつながりのありがたさを感じた展覧会でした。
↑の真ん中の絵『自立と共存』は「人は一人で生きていかなければならないけど一人きりで生きているわけではない」ということをテーマに数年前に描いたのだけど、今回ここで感じたことはまさにこれだと思いました。

昨年秋から個展や大きなイベント続きでアウトプットの作業ばかりだった気がします。
ちょっと今は燃え尽き症候群にもなっている感じで、心の充電もしたいのでしばらくのんびり過ごします。

今年の末か来年にはひとまわり成長した姿で皆さまとお会いできるといいなと思っています。

その間にたまりにたまっているサイトの更新もしなくちゃ・・・オンラインショップも見直さなければ・・・・いやまず部屋の片づけをしなくちゃ・・・制作に忙しいからとほっぽってたあれやこれやを一つずつ片づけていかなくては

|

« いよいよ明日まで | トップページ | 太宰府天満宮へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『こどもじかん』報告:

« いよいよ明日まで | トップページ | 太宰府天満宮へ »