« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

アートマーケットvol.17、終了

120130930_2
昨日、おとといと2日間開催されたアートマーケットは無事終了!
お天気の悪い中お越しくださった皆さま、お買い上げくださった皆さま、心より感謝申し上げます。

今回のブースはこんな感じ↑

120130930_1
ピックアップアーティストの竹の展示↑
竹のボタンをベア用に買ったよ。

ライブは最初のインストゥルメンタルはいい感じ・好きな感じだったけど、だんだん壊れてきちゃって・・・まぁそれはそれで面白かったんだけど、ね。

120130930_3
カレンダーは卓上、壁掛けどちらもできるけど、こんな風に全部または数か月分吊るしても可愛いよ♪

さて次は10月27日にガレリア竹町で行われるイベントに出展予定!
詳しくはまた後日・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カレンダー完成!

120130926_1
来年2014年のカレンダーがやっと完成した!!
ただ可愛いカワイイ・・・にはならなかったなぁ。可愛くてちょっとシュールなイラストカレンダー。
全部同じ形式で、お家と子どもと動物たちが登場するよ。
卓上にも壁掛けにもなるケース入り。

今週末はアートマーケットなので、まずはそこでお披露目~♪

120130926_2

アートマーケットvol.17

2013年9月28日(土)、29日(日)

10:00~16:00

アートプラザ 2Fアートホール

入 場 料:無料

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『咲いているかもしれない展』

120130916_1_2
竹田、七ツ森古墳群の彼岸花、別名「曼珠沙華」。
和紙職人オノカヨさんとフェルト作家タケオマユさんの二人展を見に行く途中立ち寄った。
彼岸花ってあんまり明るいイメージないけどわたしは好きだ。あのフォルムが好きなのかな。アガパンサスも好きだしね。

二人展の会場はここのほんの先、道の駅すごうの手前にある「Cafe Slow Beat」で開催されている。

最近改めて感じる和紙の魅力と可能性。
新しいつながりも出来てこれからが楽しみ。

和紙職人オノカヨ×フェルト作家タケオマユ
咲いているかもしれない展
9月14日(土)~23日(月)
Cafe Slow Beat
Open 10:00~日没まで

120130916_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和紙のバッグ

120130901_1_2

先日、竹田で手漉き和紙を作っている小野加代さんの工房「和紙場 地」を訪ねた。
彼女も自身で漉いた和紙を使いバッグや財布などの小物を制作している。
当初はそのバッグがほしいなぁって思っていたのだけど、友だちが小野さんの和紙でバッグを作っているのを見たり、和紙そのものを見ているうちに自分で作ってみようって気になった。

表用に揉んで青系二色で染めた柔らかい風合いのもの、裏用に淡い水色のマーブリングのものを購入。
で、できたのが上の写真のバッグ。最初に思い描いていたデザインから、作り進めていくうちに偶然生まれたアイディアやアドヴァイスによってディティールが変わり、かなり満足な出来に。

初めて作るので何度もやり直したりして結構時間がかかってしまったけど、紙という素材はすごく扱いやすかった。
しかも出来上がったバッグは驚くほど軽い!!
紙だけど、(防水性はないけど)耐水性があり、すっごく丈夫。切れ端を指でちぎってみようと思ったけどちょっとやそっとじゃきれなかった。(もちろんハサミを使えば簡単に切れる)

久し振りに面白い素材に出会えた~って感じ。和紙はわたしが生まれるよりずーっと前からあるのにね!
このバッグは自分用だけど、ここから色々できそうな予感。

120130901_2
←back
ポケットを付けてみた。バッグ自体のサイズは長財布がちょうど入るくらい。
ちょこっとのお出かけやイベント時のおつり入れに使えたらと思って制作。
120130901_3←開けたとこ
何もつけまいか・・・と思ったけどマグネットボタンで閉じられるようにしてみた。

(写真をクリックすると拡大)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »