ベッサとトイ

今年は南米が強いねぇ。

さて最近ワールドカップネタ続きだったので今日はちょっと変えて、撮り比べてすっかり忘れていた写真を。

BESSA-RとHOLGA135で、画角はちょっと違うけど同じ構図で撮り比べてみた。
左がベッサで右がトイカメラ。
3行目のトイは多重露出。

1000623bessa01_2 1000623toy01

1000623bessa021000623toy02

1000623bessa03 1000623toy03

1000623bessa04 1000623toy04

その他、ベッサで撮った写真(湯布院)

1000623bessa05 1000623bessa06

その他、HOLGAで撮った写真(左:臼杵/右:くじゅう花公園)

1000623toy05 1000623toy06


写真撮るのは好きだけど時々なので、それぞれのコツをなかなかつかめないし上達しないな。

多重露出はうまくいくと面白そう。

にほんブログ村 美術ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイカメラで遊ぶ

一時期、写真の粒子を病的に気にしていたことがあった。

使い捨てカメラなどで撮られた、よーく見ると点の集まりが分かるような写真に嫌悪し、中盤カメラやカールツァイスレンズに走った。

それが何故か最近ぼやっとした写真が恋しくなって、解像間の優れたカメラとは真逆のトイカメラに興味が沸いた。

当初Diana+を検討していたのだけどこのカメラ、ブローニーフィルムを使う。カメラ本体は安いのだがこのフィルムが曲者で、どこにでも売っていないし現像・プリント代が高いし時間がかかる。この点がネックとなって結局中盤カメラも手放したのだ。

そんなこともあり購入したのは一般的な35mmフィルムが使えるHOLGA135。3ヶ月前のこと。

080628_1 一番最初に撮ったフィルムから、面白かったのはこれだけ。

ミモザなんだけど、なんだか妖しげな雰囲気になった。

初めてのプリントが上がって見た時の感想

「普通じゃん!!」もっとへんてこりんな写りを期待していたのに、かなり当たり前に撮れた面白みのない写真ばかりでガッカリした。

080628_2 この写真なんかそう。

ヒゲも見て取れるほど綺麗に撮れている。

こんなはずじゃなかったのに、もっと妙な写りかたをするんだったら差別化されるのに、このくらいだったらベッサで撮るほうがいい。

普通ならまともに撮れるほうが歓迎されるのだからおかしな具合に写らないことを残念に思うほうが間違っているのだろうけど。

080628_3 これは沈丁花。

やっぱり面白くない。わたしの腕の問題もあるのだろうけどね。

絞りを調節できないから平面的になるのだ。

それに使っていて痛切に感じたのは室内は当然、日陰や日暮れ時の目で見て明るく感じる場合でも薄暗闇に写ってしまうということ。三脚を使ってバルブで撮れば室内もOKだけど動くものはアウト。

これはスナップの時は日中の光線の中で撮るべきカメラ。

比較のためにBESSA-Rでも沈丁花を撮ってみた。

080628_4 HOLGAだけを見ると綺麗に撮れているようでも並べてみると違いが分かる。

構図が違うので比べるのは難しいかもしれないけど解像感も奥行きも歴然と違う。

今まで使っていたカメラと同じように使っちゃ駄目なんだなと考えた。

HOLGAのよさを出せる撮り方を見つけなきゃ。

ということで後半(明日)に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BESSAで撮ったその2

今日は横向きの旅写真を。

0600707_00 0600707_01

0600707_02 0600707_03 0600707_04 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベッサも持っていった

今回のドイツへはfijiのF11のほか、BESSA-Rもレンズ2本と共に持っていった。ちなみにF11は充電なしで2週間、電池マークが1個減ったり戻ったりでまったく不安なしだった。脅威!

さてBESSA-Rで撮影した写真を数枚紹介。

絞りとかまだよくレンズを把握できていなくて思った雰囲気に仕上がらなかった写真もかなりあった。まだまだ修行が必要ですな。

0600704_01 0600704_02 0600704_03

0600704_04 0600704_05 0600704_06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の写真

今日は奈良で撮った写真。

旅行記は『LECHEvLECHE』の「たびくま」をどうぞ。

051124-1 051124-2

051124-3 051124-4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都の写真

出来上がったのでいくつか紹介。

051122-1 051122-2 051122-3

051122-4 051122-5 051122-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くじゅう花公園と九水渓へ

家族で久住方面へ。

まずはくじゅう花公園。1時間40分ほどで到着。途中久住山の斜面にミヤマキリシマが咲いているのが見えた。

花公園は今、ポピーが満開!!ポピー大好きなので一面のポピー畑に大満足。

ここも少しだけバラ園、ラベンダー畑も見ごろを迎えていた。

上段はBESSA-Rで、下段は携帯で撮影。

hana01 hana02 hana03

hana04 hana05 hana06

9_01 花公園の後は九水渓へ。ここは紅葉の頃が素晴らしいらしい。今はこんな感じ。手前のほうはアジサイがたくさん植えられていて、今つぼみなので、半月後くらいにはきっと素晴らしい光景を目にすることができるだろう。

到着した時には1時を回っていてお腹がすいたので展望所にある桂茶屋で昼食。ここの従業員は狸メイクをして狸語(~だポン)を話すと妹から聞いていたのだけど、この日メイクをしていたのは一人だけで言葉も人間語だった。

わたしは高菜飯(\600)とざる豆腐(\300)、他の皆はお豆腐の定食(\800)。父はプラス山女の塩焼き。定食(写真中)の上真ん中に見える白い物体は湯豆腐、右の小豆色のは黒い豆の揚げ豆腐。ポン酢が付いていて、揚げ豆腐はポン酢でよかったけど、湯豆腐は普通のお醤油のほうが美味しかったらしい。ざる豆腐は何もつけなくても美味しい。

帰りに串団子も食べたかったけどお腹いっぱいで諦めた。

9_02 9_03 9_04

9_05 食後にすぐ近くの天狗の滝へ。

願い事が叶う湧き水などもあった。写真右手にはお願い事の札(絵馬?)がいっぱい掛けられていた。

9_06「宝くじが当たりますように」なんてのが多い中、めっちゃ愛らしいお願い事を発見(名前はぼかしてあります)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラ!バラ!!バラ!!!

rose01

大神ファーム(ハーブ園)でバラが見ごろだということで、BESSA-Rを連れて行ってみる事に。

バラって品種によって随分と香りが違うものなのね。とても心地よい匂いのバラにはうっとりしちゃう。

バラを観賞後はお腹がすいたので園内のレストランで食事。お冷はフレッシュハーブを漬けた、ほのかに香る水。匂いモノが苦手な母も美味しいと言っていた。

デザートに写真の季節限定“バラのトライフル”。見た目可愛らしく、美味しかったけどちょっと高いかな。

rose02  rose03

写真上左は“プリンセス・オブ・ウェールズ”(ダイアナさん)。大輪で美しい。右は“プリンセス・ドゥ・モナコ”(グレース・ケリー)。花が開く途中なのでちょっと形が変だけど小ぶりで可憐でかなり好き。

上記3枚の写真と下記中段右の1枚は携帯のデジカメモードで、その他はBESSA-Rで撮影。75mmレンズ使用。バラのアップは絞りを2.8~4で撮ったがもうちょっと絞ったほうがよかったかも。ピントの合う位置がシビアすぎて対象物の微妙に前後にきているものがいくつかあった。上段右の写真はファインダーのフレームを合わせるのを忘れ35mm用フレームで撮ったので構図がヘンなんだけど、シックで珍しい色合いなので。。。

一面のジャーマンカモミール畑もあって辺りに甘い香りを漂わせていた。

rose04 rose06 rose07

rose05 rose08 rose10

rose09 rose11

品種名が分かるものだけ記載。

ゴールデン セレブレーション(中段左)

ジュード ディ オブスキュア(中段右)

ピエール ド ロンサール(下段左)

| | コメント (4) | トラックバック (0)