パン焼いてます

20170421_1
結婚するときに、親にレディースニーダーを買ってもらった。
高性能のパン焼き器はちまたにたくさんあるけれど、あまり食パンは好きではないので、わたしには捏ねてくれる道具だけで十分。
このレディースニーダー、機能がシンプルだからか多分何十年も型が変わっていないらしい。トリセツが昭和を感じさせるロゴタイプとイラストなのだ。
なので部品が壊れてもいつでも取り換えられてずーっと使い続けていけそう!

お昼にはパン食のことが多くてよく使っているのだけど、引っ越してからは本当に出番が多い。市内に好みのパン屋さんがないのだ。
昔ながらの万人に好まれそうなパン屋さんはいくつかあるし徒歩圏内にもあるけれど、本当にハード系のパンだとかこだわりの個性的なパンだとかは今のところ見つけられていない(たぶんない)。
で、自分で焼くけど電気オーブンなのでハード系は無理なのね。
最近のお気に入り小麦は「はるゆたか」。これに「キタノカオリ」の全粒粉やオートミールなどを混ぜて作る。

20170421_2
こないだは旅番組を見てブレーツェルが食べたくなって、ネットでレシピを検索して作ってみたけどベーグルみたいにまん丸になっちゃった。
引きも弱くて中ふわふわなパン。なかなかムチーッとしたパンって難しいのね。

20170421_3
これも最近作ったファラフェルサンド。ひよこ豆があったので「そうだ、ファラフェルをつくろう」と思い立って。
で、初めてピタパンを焼いてみた。なかなか膨らまなくて冷や冷やドキドキ。膨らんだけど上下の厚みが違う・・・
でも美味しくいただきました♪

久しぶりのパンネタでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんまるぱん

120708 バターも砂糖もミルクも入れてないけど、塩麹と酒粕と全粒粉入りのレーズン酵母パン。

ほんのり甘くてしっとりモチモチおいしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の夜ごはん

0600605

salahiさんの「ギリシャのごはん」を参考にイェミスタを作った。

イェミスタはギリシャではポピュラーな料理で、肉をあまり好まない祖母は毎回一度は注文していたもの。わたしはピーマンが嫌いなので、一緒に焼いているピーマンの匂いがトマトに移っているのが嫌でちょっと味見させてもらったことくらいしかない。

なので今回はトマトだけで作ってみた。ハーブをちょっと切りすぎちゃったけどま、いっかと全部入れたらやっぱり多すぎたみたい・・・。次に作るときは控えめにしよう。

同じプレートにあるのはスズカキア。ミートボールのトマト煮。分量は適当に作ったけどこちらは美味しかった。

クルミと黒ゴマ入りのパンも作った。適当に入れたクープが今回はいい感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好きなものを入れた

0600520

クルミにチョコレート、オレンジピール、ココアを練りこんだパン。

パン自体はしっとりやわらかな出来だったのだけど、出来立てを食べた母曰く

「びみょ~」。

オレンジピールが合わないんじゃない?って言われたけど、わたしはチョコレートのほうだと思った。

最近日本のメーカーも「カカオ○○%」のチョコレートを作るようになり、以前のブラックチョコレートを甘く感じていたわたしには嬉しい限り。

で、そのカカオ72%のチョコレートを砕いていれたのだけど、どうもパンには甘いチョコレートのほうが合うみたい。作っているときは絶対美味しいって思っていたんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザ第2弾

0600514

今日はコーンとポテト、モツァレラチーズにマヨネーズでピザを焼いた。

見た目も美味しそうでしょ?半分はチビ怪獣たちに食べられちゃった。そこらじゅうをべちょべちょにして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザを焼いた

0600513

なんだか作りすぎちゃったのですぐに食べる分以外は生地だけ焼いた。

薄く伸ばすのはなかなか難しいね。左がトマトとコーンとハム、右が辛子明太子とマヨ。明太子のほうは生地が分厚くなりすぎてしまった。

ピザ屋さんのようにヒュイーって生地を回し投げて広げる技を持っていたらよかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にシンプルなパン

0600505

全粒粉が1/3くらい入ったパン。十字の方はプレーン、横に二筋のほうはレーズンとレモンピール入り。

クープ、深く入れたらいいんじゃないかしらと試みたけどそこから膨らむわけでもなく、クープもこげ色がついちゃった。やっぱり電気オーブンはきれいなクープを望めないものなのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴとレーズンのシナモンロール

0600428_1

昨日の夜、リンゴとレーズンをジャムより少な目の砂糖とレモン汁で煮たのだけど、リンゴが透き通った琥珀色になってくれなくて、「これで半分失敗したな」と思った。

生地をこねて一晩置いて、朝見たらあまり膨らんでなかった。やっぱり卵とバターが入ると発酵しにくいのね。その後、暖かいところに1時間くらい置いたら2倍弱になったので、麺棒で伸ばし、きび糖とシナモンを少量振り、リンゴとレーズンを散らしてクルクル巻いた。

正方形の焼き型に3×3の9個のロールを並べたら2cm間隔で空いてしまった。大丈夫かなぁと思いつつ2次発酵へ。2時間後、くっつきそうなくらいには膨らんでくれた。

卵水を上に塗ってオーブンへ。それぞれ隣同士はくっついたけど、やっぱり斜めは無理だった。1個ずつ独立していると思えばいいやね。

出来上がってみればリンゴは期待通りになっていた。冷めてもけっこう柔らかくて、最初に思ったより成功かも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年初めての

昨年の秋からお休みしていたパン作り、暖かくなってきたので再開した。

クリームパンを作ってみたくなったのでチャレンジしたけど、見事撃沈。

焼いている時にクリームが流れ出し、中が空っぽになってしまったのだ。

クリームパン、侮っていた。

0600422

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中種さん、さようなら

050808 これから個展までの追い込みで忙しくなるし月末はお出掛けが多くなるので、酵母液はこないだ中種作りに全部使い切ってしまったし(今まで酵母液は少し残して、新しい酵母を作るときに加えていた。そうすると1日で酵母液が出来上がるのだ)、中種も今回全部使ってしまうことにした。

2山のうち一つにはレーズン、もう一つにはお友達にもらったドライ苺を刻んで入れてみた。

焼きあがってすぐ上部を触ってみると硬い。本当に硬い。今までにないほど硬い・・・。指の背でコンコンと叩くと音が響いて返ってくるくらい。あれ~どうしてこんなに硬くなっちゃったんだろう。十分に膨らんでいるのに~?と焦ったが、冷めてからもう一度触ってみたら焼きたてほどではなくなっていたし、簡単にナイフで切ることが出来た。中はいつも通り粘りのある軟らかさでホッ。

ドライ苺、ジャムみたいにべとつかないし、でもちゃんと苺の香り&味がしてなかなかgood。

| | コメント (0) | トラックバック (0)